虫除け ハッカ油スプレーを簡単手作り【関連記事まとめ】

蚊

蚊に代表される害虫たち。
気温が高くなってくると気になりますね。

刺されて痒くなるのもイヤですが、寄ってこられるだけでうっとうしいですよね。
デング熱が話題になった年もありました。
かゆくなったり、血を吸われるだけならともかく、やっかいな病気を媒介もするので、刺される前に防ぎたいもの。
そこで、蚊によく好かれ、皮膚の弱い私が虫除けとして愛用しているハッカ油スプレーをご紹介します。

ハッカ油をすすめる理由

「ハッカ」とはミントのこと。

虫除けとして効果があるといわれている植物には他に、レモングラス、シトロネラ、ユーカリなどいろんなものがあります。

その中からなぜミントを使うのか。

理由はたったひとつ。

「手軽」だからです。

ミント(ハッカ油)はたいていどこのドラッグストアにもあって、お値段も手ごろ。

手に入れるのが簡単なんですね。

用途もスプレーとしてだけでなく、入浴剤にもなるし、消臭剤としても、清涼剤としても使えます。

「虫に効果ないじゃん!」と思っても他の使い方もできるのでムダにはなりません。

さらに、食品添加物でもあるので、スプレーした飛沫を吸ってしまっても心配はほぼありません。

ハーブとして食材に使われ、香料として歯磨きなどにも入っていますよね。

もちろん単純に香りを楽しむこともできます。

いろんなことに手軽に使えてしまうことが、ミント(ハッカ油)を愛用する理由です。

ハッカ油スプレー まとめ

ハッカ油スプレーのメリットは、安価で手軽に虫除けが作れること、そして余分なものが入っていないことにあります。

デメリットだと思われる持続時間も濃度を上げることで対応できます。

5%・10%という濃度は、とにかく山で蚊やブヨなどの不快な虫たちが寄りつかないようにと濃度を上げていった結果でした。
衣服や帽子などにスプレーしますが、今のところシミにもなっていないので、いいバランスなのかなと感じています。

今まで書いてきたのは、あくまでも私の経験から得られたことなので、ぜひあれこれ試してみて、ご自分に合うベストな容量・濃度をみつけていただければ嬉しいです。

ハッカ油は何よりも暑い季節にさわやかな香りを運んでくれます。
まずは香りから楽しんでみるのもおススメです。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です