蚊や不快な虫たちに効果があるハッカ油スプレー、濃度によって効果に違いがあるか試してみました。

用意したもの

ハッカ油(作り方どおりエタノールと水で 1%、5%、10%に薄めたもの)

どんな方法で?

作り方どおりエタノールと水で薄めたハッカ油を濃度別に身体に塗り、30分ごとに寄ってきた蚊の数と刺された場所をカウントする。

  • 左足 ハッカ油を塗らない
  • 右足 1%
  • 左手 5%
  • 右手 10%

場所 近所で蚊が多いと有名な公園
服装 半袖半ズボン(色は蚊が好むという黒色)

家でハッカ油を塗って公園(歩いて1分)に向かうと…

ハッカ油を塗ってすぐ

  • 左足(なし) 公園に入った瞬間に大量の蚊が寄ってくる
  • 右足(1%) 塗ってないところと同程度蚊が寄ってくる
  • 左手(5%) 寄ってはくるが刺されたのは1カ所だけ
  • 右手(10%) 蚊が全く寄りつかなかった

ハッカ油を塗って30分経過後

  • 左足(なし) 「塗ってすぐ」よりも寄ってこなかった
  • 右足(1%) 「塗ってすぐ」の時と同程度寄ってきた
  • 左手(5%) 目の前で蚊が血を吸っていくところを目撃。みるみるお尻が赤くなってゆく~
  • 右手(10%) 全く寄ってこなかった

ハッカ油を塗って1時間経過後

  • 左足(なし) 痒すぎて覚えていない
  • 右足(1%) 「塗ってすぐ」よりは寄ってこなかった
  • 左手(5%) 「塗ってすぐ」よりは寄ってきた
  • 右手(10%) 1匹だけ寄ってきた

まとめ

息子が夏休みの自由研究としてカラダを張って試してくれたんですが、とにかく「かゆかった!!!」と(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
蚊が巣くう公園で、あえて蚊にさされてみる過酷な実験でした

結局、ハッカ油を塗らなかった左足は10か所、1%を塗った右足は5カ所、5%を塗った左手は4カ所、10%を塗った右手は全くさ刺されませんでした。

条件が違うので比較はできないかもしれませんが、濃度10%は効果がありそうですね。

ただ、濃度10%は直接肌に塗ると、ヒリヒリ感がちょっと強いんです。

息子いわく、「寒い!」

と、いうことで、

  • 直接肌に塗るなら濃度5%程度をこまめに塗る。(目安は蚊が寄ってきたら塗りなおす)
  • 濃度10%は帽子や衣服にスプレーすることで1時間程度、蚊が寄りつかない効果が得られる。

が、我が家的な結論となりました!

帽子や衣服にかけるものはシミがでなければ、もっと濃度を上げると効果が持続するかもしれませんね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。