プロフィール

ようこそ「和の森」へ

和の森とは、”自然に生きる”人たちが集う場所。
この地球に元々ある自然の理(ことわり)の中で、すべての存在を認めあい多様性を尊重しあいながら生きてゆく人たちが集い、紡がれたご縁の”和”が森のように広がっていく場所です。

そんな、人にも、自然界にも、やさしく平穏な場を創ってゆきたいと心から願っています。

みうら雪絵
Nature Therapist
Healing Practitioner
Outdoor Activist
World Traveler
Nature Photographer

『人は自然から遠ざかるほど、病気に近づく』

『人は自然から遠ざかるほど、病気に近づく』
ー古代ギリシャの医学の父・ヒポクラテスー

わたしは医師でも医療従事者でもありません。
「がん」を体験し、どちらかというと病人側の人間です。

でも、この言葉は今までの体験から「実感」と言えます。

また、ここでいう「自然」とは、「自然環境」という意味の「自然」だけでなく、「自然な姿としての自分」という意味も含まれていると思っています。

「自然」という言葉には「自ら然る=自ずからそうなること」という意味があり、これを人にあてはめると「その人そのままの在り方、あるがままに存在する」ということになるからです。

人は、自然環境からも、その人本来の在り方・生き方からも遠ざかると、病気に近づく
とても実感する言葉です。

人は地球に生きる生物の一つの種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。
自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在なのです。
自然界と繋がって生きている感覚は、生きる力・生命の力の根源と繋がっていると感じています。

「がん」を体験したことで、「自然治癒力」という言葉にもとても惹かれました。

人だけでなく、動物や植物は生まれながらにして病気やケガを治す力や機能を持っています。
実際、自然界にいる動物や植物たちは自分たちの治癒力だけを頼りに生きていますよね。

『私たちの内にある自然治癒力こそ真の病を治すものである』
ヒポクラテスはこうも言っています。

現代人はこの自然の力から離れすぎていると思うのです。

病気は「悪」ではありません。

病気は生き方を見直す機会。
病気を治癒させていくことは、今までの生き方を振り返り、これからの生き方を考える時間だと思うのです。
最新のDNAの解析から、自然のままなら、人間の寿命は約38年とも言われています。
その時間を超えて生きていくには、一旦立ち止まって自分の人生を考える時間があってもいいのではないでしょうか。
病気はその機会を与えてくれていると思います。

自然界(生態系)の一員として、この地球に生きている、存在している意味を考え、自然の理(ことわり)を感じながら、「生きる」とはどういうことなのか。

生かされていることに感謝しながら、自由に安らぎと穏やかさに満ちた日々を暮らすとはどういうことか。

また、病気によって知らされたバランスの崩れた体を健康な状態に導いていくために自然治癒力をどう高めるか。

そんな問いを持ちながら、今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングを駆使しながら自然治癒力を高める方法を実践中です。

体感覚を糸口に、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の声をキャッチし、それらの関係性を探求もしています。

”自然に生きる人を増やす”というミッションを掲げ、”自然に生きる人”たちが集う場ー”和の森”ーが、地球に存在するすべての「いのち」が自由に自然のままに生きられる豊かな場となることを願い、そのサポートをライフワークとしています。

自然の力と、生きようとする生命の力を、心から信頼しています。

資格

  • 日本自然保護協会 自然観察指導員
  • 日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー
  • アドラー心理学・ELM(Encouraging Leaders’ Manual)勇気づけリーダー

学びの歩み

  • 上級救命講習 修了
  • アドラー心理学ベーシックコース 修了
  •  第10期LPL(ラビング・プレゼンス・リーダーシップ)養成講座 修了
  • 第11期LPL(ラビング・プレゼンス・リーダーシップ)養成講座 修了
  • ThetaHealing BASIC DNA 修了
  • ThetaHealing ADVANCED DNA 修了
  • チャクラケア&クリスタルヒーリング講座 修了

ブログ「自然に生きる」

このブログは、わたしのミッション「”自然に生きる人”を増やす」をブログタイトルとして掲げました。

ミッションステートメントはこちら

ただ、わたし自身に「自然に生きているかどうか」と問うた時、「あれ?果たしてそうかな??」と疑問に思えたのです。

自分のあるがままの在り方で、自然と湧き上がってくる想いに素直に生きているか?という問いには「YES!」と言い切れない自分がいました。

わたしにとって”自然に生きる”とはどういうことなのか。
その問いにわたし自らが答えてゆく。
そのプロセスを綴る。
そんなコンセプトで書いています。

また、体験したことを文字にしてブログに残していくことは、自分の生きた道を記すことだとも思っています。
このブログは、わたしが歩んできたの道の記録であり、これから歩いてゆく道を探す手段でもあります。
ブログは「人生という名の創造物」の記録。
そうとも考えています。

人によって”自然に生きる”の定義は違っているとも思っています。
ですから、もしかしたらここには、「あなた」にとっての答えはないかもしれません。
でも、もしかしたら、同じような感覚の人もいるかもしれない。

このブログが、そんな誰かの役に立てたらとても嬉しいです。

桜

自然とわたし

自然とはわたしにとってどんな存在なのか。こちらにまとめています。

(執筆中)

心理学とわたし

心理学との出会いがわたしの人生を大きく変えました。こちらにまとめています。

(執筆中)

ヒーリングとわたし

わたしがヒーリングに出会ってから今までをこちらにまとめています。

(執筆中)

旅とわたし

旅はわたしにとって欠かせないものです。そんな”旅”への想いをこちらに綴っています。

(執筆中)

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。