虫除け ハッカ油スプレーを簡単手作り <準備編 2>容器は材質に注目!選び方のポイント

蚊

ハッカ油スプレーを入れておく容器選びには注意が必要です。
作り方の前に特筆しておきますね。

リモネンと材質

ハッカ油には「リモネン」という成分が含まれています。この「リモネン」はスチロール樹脂つまり、ポリスチレンを溶かす性質があります。

『みかんの皮で発砲スチロールが溶ける』という話は聞いたことがないでしょうか?

「リモネン」はオレンジやみかんなど柑橘類の皮にも含まれていて、これが原因で発砲スチロールが溶けるんです。

この性質を試す実験を、息子が夏休みの自由研究として試してくれたのでご紹介します。

ハッカ油がポリスチレンを溶かすか試してみた

どんな方法で?

市販されているプラスチック容器に、濃度別のハッカ油を入れて、時間ごとの変化を見る。

用意したもの

  • ハッカ油(作り方どおりエタノールと水で薄めた 1%・5%・50%の液と、100%(ハッカ油そのまま))
  • PET(ポリエチレンテレフタラート)製の容器
  • PS(ポリスチレン)製の容器
  • PE(ポリエチレン)製の容器
  • PP(ポリプロピレン)製の容器

素材によって形状が違いますが、それぞれ同じ量を入れています

ハッカ油 準備画像を拡大表示する

結果

容器ごとの結果は、以下のとおり。

ハッカ油 PET

画像を拡大表示する

ハッカ油 PS

画像を拡大表示する

ハッカ油 PE

画像を拡大表示する

ハッカ油 PP

画像を拡大表示する

ハッカ油 材質結果表

画像を拡大表示する

最後の一覧表がわかりやすいですね。

他の素材は「変化なし」なのに、PS(ポリスチレン)製だけは変化しました。

100%(薄めていないもの、ハッカ油そのまま)は30分後から気泡が出はじめ、12時間後には竹串で底を触ってみると柔らかくなっていました。

48時間も経つと竹串でつついた時に一部分が剥がれ、プラスチックが溶けたような匂いまでしてきて、変化しているのは明らかです。

実際に使用する濃度に近い5%でも、24時間経てば容器に変化が生じていますね。

結果として、揮発することもわかりました。

アルコール(エタノール)が入っているので当然と言えば当然ですが(汗

実験中はフタをしていなかったため、想定外の結果が出てしまいました。

表中の△と□印は揮発をあらわしています。

まとめ

ポリスチレン製の容器はハッカ油で溶けます。

ここまではっきりと結果が出ると嬉しいですね。

実際に使う濃度は10%以下になると思いますが、長時間ハッカ油を入れておくとどうなるか、結果からも想像がつきますよね。

容器の材質に、ポリスチレンスチロール樹脂PS と書いてあるものは避けましょう。

容器本体とスプレーの材質が異なるものも多いので、本体だけでなく、スプレーやフタの材質にも気をつけてくださいね。

ちなみに、自宅だけで使うなら、ガラス製が一番だと思います。

ただ、携帯した時の安全性を考えると、ガラス製は山には持っていけないんですよね。

虫除けスプレー

食品の保存にも使われているという理由で、PET(ポリエチレンテレフタラート)製の容器を使うようにしています。

愛用しているのは無印良品のモノ。

Amazonの商品をご紹介しようと思ったんですが、「漏れる」という書き込みがあったのでやめました。

無印良品の容器は「漏れた」ことはありません。

ただ、使っているうちにスプレーが詰まってしまいます。

たくさん買い置きして、詰まったら交換するようにしています。

次は作る前の参考に、濃度と効果についてのお話です。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です