虫除け ハッカ油スプレーを簡単手作り<作り方編 2>濃度と容量を決めたら作ってみよう!

蚊

虫除けとして効果のあるハッカ油スプレーを、濃度と容量を決めたらいよいよ作ってみます。

準備編はこちら

 

作り方

濃度を決める

ネット検索してみると様々な濃度が出てきますが、濃度と効果には相関関係がありそうだとわかりました。

アルコール消毒液で手が真っ赤になるほど過敏なため、1%、2%、5% と濃度を少しずつ濃くしていった結果、

  • 直接肌に塗るのは、濃度5%
  • 直接肌につけず帽子や衣服にスプレーするのは、濃度10%

という使い方をしています。

肌が弱い方は薄い濃度から少しずつ試していかれることをオススメします。

容量を決める

いっぺんにたくさん作らず、こまめに作った方が、衛生的にも、効果としてもいい と体感しています。

ここ数年の定番は、

  • 12mlに濃度5%
  • 30mlに濃度10%

を入れています。

12mlは化粧ポーチに入れて携帯しています。

虫よけ以外にもアロマスプレーとしても、清涼剤としても使えるので持ち歩いてるとかなり重宝しますよ。

30mlはアウトドア活動時用です。

家族3人でシェアしますが、キャンプや登山でなくなって困ったことはありません。

濃度と容量が決まったら作ります!

  1. まずは分量の計算から。スポイト1滴を0.05mlで換算して、何滴というのも計算しておきます。
    【5%・容器 12ml】ハッカ油0.55ml(11滴)、エタノール1.1ml、精製水9.9ml
    【10%・容器 30ml】ハッカ油2.5ml(50滴)、エタノール2.5ml、精製水22.5ml
  2. 調理用の軽量スプーンを使って、容器にエタノールを入れます。
    (小数点以下は四捨五入してしまいます)
  3. ハッカ油をスポイトで加えます。
  4. 最後に精製水を加えて、よく混ぜます。
  5. できあがり! 使う前にもよく振ってくださいね。

とっても簡単でしょ!?

最初の計算こそ面倒ですが、慣れてくればメモをもとにさっと作れます。

ちなみにこの記事をブックマークしていつも作っています(笑)

次は、注意することと、体感した効果についてご紹介します。

 

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です