ハッカ油スプレーの注意点と、体感した効果をご紹介します。

 注意すべきこと

刺激が強い

ハッカ油の原液はかなり刺激が強いです。

原液を直接肌に塗らないようにしましょう。たぶん飛び上がるほどの刺激だと思います。

濃度別にスプレーしてみた息子も10%は痛い!と言っていました。

小さなお子さんに使用する場合は、他のスプレー品と同じように、飛沫が目や口に入らないようにするためにも一旦手のひらに取って、塗り広げる、または直接肌には塗らず衣服にスプレーするなど使い方は工夫した方がいいでしょう。

スプレーの飛沫が拡散するのがイヤな場合は、ハッカ油を数滴ティッシュなどに含ませて玄関やベランダなど出入り口近くに置いておくだけでも蚊の侵入防止になります。

ペット

我が家は動物と同居していないので、ペットたちへの影響は不明です。

薄めのものをダニ対策に使用しているという記事も見かけたので、飼い主さんの判断で使用を考えてくださいね。

体感した効果

虫除け効果

私が一緒にいれば虫除けはいらない。

とまで言われるほど、虫に好かれ、刺され役を一手に引き受ける人なんです。

このハッカ油スプレーを使用するまでは市販の虫除けといわれるものはひと通り試しました。

蚊取り線香にはじまり、電池式のもの、虫除けとして一般的なディートが含まれているものも、そうでないものも、これ!と思ったものは片っ端から試してみました。

その中で効果を一番実感したのがこのハッカ油スプレーだったんです。

寄ってくるのは蚊だけでないので、山や森に行く時も、街中でもこのスプレーを愛用しています。

ハッカの匂いを嫌う虫たちは、このスプレーを使った時はほぼ寄ってきません。

シュッとスプレーすると、ハッカの香りがして気分もスッキリします。

気分だけでなく、肌にもスッとした清涼感があるので、汗かいた肌にも気持ち良いです。

とにかく刺されたくないので露出している肌だけでなく、足首まわり、襟元、アームカバーや帽子にもスプレーしておくと、ハッカの香りが漂っている間は虫が寄ってこなくなりました。

しばらくすると虫が寄ってきだすので、またスプレー。

虫が寄ってくるのが、効果が切れた目安になるので、わかりやすいと言えばわかりやすいですね。

自宅では、この虫除けを網戸にスプレーしておくと、ハエも寄ってこなくなりました。

この効果をみて、生ゴミにもかけるようにしています。

ゴキブリにも効果があるようですし、ブヨにも効果があるという記事も見かけました。

匂いで寄ってくる迷惑な輩には、ぜひ試してみてくださいね。

肌残り感がほとんどない

市販の虫除けの苦手な点は、肌にべたつきが残ることでした。

お風呂に入れない山行で多量に汗をかき、さらに虫除けでべたつきが残るのは、不快以外なにものでもありませんでした。

ハッカ油スプレーはその点でも全く問題がありませんでした。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。