お友達のフォトグラファー・なむさん こと 花村さんのブログ記事を読んで、繋がった。

好きな場所、居心地がいい場所って、自分でもわかってない「本当の自分」でいられるから心地いいんだ って。

わたしも空が開けてるところが大好き。

広い広い空間にいると、自分を解放できるっていうのかな、無に近い状態になれる。

人間なんてちっぽけなもんだ。
このスケール感の中にいると日々の煩わしさがバカバカしい。
もっと大きく、広い、この青空のように生きていきたい。
翼を広げて悠々とこの大空を舞う鷹のように。
そんな想いが自然と湧いてくる。
自然と一体になると自分の小ささがよくわかる。

そう、自分てちっぽけだな。
自然に囲まれてるとしみじみそう思う。

でもそれでいいんだなって思う。

で。
心の学びの師匠・岡部明美さんの個人セッションを先日受けて、ちっぽけな自分が「本当の自分」だと認めて、受け容れることがきたんだけど、広い空の下で自然に囲まれて、ちっぽけな自分を感じてる時って、「本当の自分」と繋がれる時間だったんだって気づいちゃった。

素のままの自分でいてもいい、ちっぽけな自分でいいんだ、って自分を許せる場所だったんだ。

だから、無条件に好きだし、衝動的に行きたくなるし、いるだけでただただ心地いいし、どんなに長い時間でもそこにいるだけでいい。
「本当の自分」でいても許される場所だから。

そして、到底力も及ばない大いなる自然の中でも、こんなにちっぽけな自分が生きているんだって実感できる。

どんなにちっぽけでも、生きている。
いま、この世の中に存在している。
いま、この世の中に確かに存在して、存在していることにきっと意味がある。

この世の中は「いま」存在しているすべてのもので成り立ってる。
何が欠けても成り立たない。
そんな絶妙なバランスを取りながら「いま」はある。

だから、存在しているだけで、生きているだけで、いいんだ。

「本当の自分」、ちっぽけな自分でいても生きていける。
大丈夫。
何が起きてもこの世は変わらない。
わたしという存在は変わらない。

生きていく力が湧いてくる。

無性に生きたくなる場所、大好きな場所で、何を感じてるか、何を受け取っているか。
時にはそんなことをしみじみ感じてみる時間も必要だね。

自分が心地いいと思う場所。
その場所が「本当の自分」でいられる場所、「本当の自分」でいていいんだよって、教えてくれているんだね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。