この1年… LPL養成講座をとおして、自分を見つめ続け、どこまでもどこまでも自分を深掘りし続けたのは、ちっぽけな自分に会うためでした。
結果から言えばね。

わたしの中で、わたしが会いに来るのをずーっと待ち続けていた「ちっぽけな自分」。

ちっぽけな自分は、ひとりぼっちで、さみしいのに寂しいと言えず、悲しいのに悲しいと言えずに、「誰も来てくれない」「誰も助けてくれない」って、朝から晩まで、ずーっとびーびー泣いてました。わたしの中で。
見つけて欲しいのに、「誰も助けてくれないもん」って泣いてるだけのわたし。
これが「わたしの本当の姿」でした。

なのにね、
そんな自分じゃダメなのよ!
そんなに弱い自分じゃ、生きていけないでしょ!
もっと強くなりなさい!
自分の力で生きていけるようになりなさい!
ってムチ打ってたんです、わたし。
何もできずにびーびー泣いてる、ちっぽけなわたしに。
ただただ見つけて欲しかっただけのわたしに。

ひどいヤツだ。(笑)

でもね、むき続けたタマネギの皮、どかし続けたビリーフという名の重いフタ、何重にもわたしを守っていた鎧の下で、びーびー泣いてるわたしをようやく見つけることができました。

どんなに寂しくて、どんなに悲しくて、どれだけ諦めて、泣き続けていたんだろう。
それがわかった時、わたしはどれだけ、自分を大切にしてこなかったか、愛してこなかったかを思い知らされました。

つぐづく、ひどいヤツだ!(笑)

わたしはこの、ちっぽけな自分に会うために、この1年、自己探求をしていたんですね。

でも、もう大丈夫。
ちっぽけな自分、本当の自分と、再会できて、いっぱいいっぱい抱きしめて、いっぱいいっぱい涙流して、謝りました。

ごめんね。
許してね。
それでもわたしを諦めずに待っていてくれてありがとう。
いままでわたしを見守ってくれてありがとう。
愛してるよ。
もう大丈夫。
わたしがいるからひとりじゃないよ。
寂しかったら、悲しかったら、いつでもわたしがそばにいるよ。
そして、周りにもたくさん助けてくれる人はいるよ。

ちっぽけな自分を、自分の本当の姿だと認めて、ずっといてくれた、存在していたくれたことを許して、感謝して、その悲しみをしっかり受け容れて、自分のものにしました。

やっとね、ちっぽけな自分とつながれました。
深い深いところで、ひとりぼっちで泣いていた自分を見つけることで、本当の自分と繋がれました。

これからはちっぽけな自分をしっかり感じながら、慈しんで生きていこうと思います。
本当の自分を愛して生きていきます。
こんなちっぽけな自分でも、今まで生きてこれたことに感謝をしながら。
こんなちっぽけな自分でも、世界を変えたいと思っている強さを感じながら。
自分は生かされているのだと感じながら、「いま」を生きていこう。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。