4月に受験した、LPL認定試験に不合格になって出てきた反応の一部始終を綴っています。

その8は明美ちゃんの個人セッションでの、わたしのイメージの世界の話。

ひとつ前の話はこちら

最初から読みたい方はこちら

青い目のよそ者

さっきまで見えたいたシーンから、次々と、その人の過去へと遡っていった。

ひとり洞窟の中にいたこともあった。

そこでは寒さに震え、凍えていた。

黄金色の稲穂がたわわに実る田園風景を見ていることもあった。

縄文時代の日本のように、豊かで平和な光景だった。

豊かな部落の一角でその人の妻と子供らしい人と暮らしていた。

その景色の中で、ささやかな幸せを感じていた。

こんな時もあったんだ。

さっきの深い深い絶望感はない。

でも、微かに心の中に風穴が空いているような、もの悲しい感じもした。

その部落には、その人に好意的な人ばかりがいたわけではなかったようだ。

『よそ者だ。』
『おまえの言うことなんて信じられない。』

そう言われていたらしい。

日本のような景色の中にいるのに、その人の目は青かった。

異国人なんだろうか。

疎外感を感じながら、でも、家族と共に、それなりに幸せを感じていた。

「その人は、そこで何をしているのですか?」

明美ちゃんの質問が聞こえてきた。

この部落を救いに来た・・・

そう答えた。

何を救いに来たのかはわからない。

でも、この人はすべてをわかっている気がする。

なにもかもわかっている。

でも、真実は伝えられないでいる。

そんな感じがした。

その人の使命は・・・

明美ちゃんの質問に答えながら、その人のことを少しずつわかっていく。

家族がいて、平和で豊かな部落に暮らしていて、でも、どこかに憂いもあって。

何かをしたい、行動を起こしたいけれど、できない。

そんなもどかしい感覚が伝わってきた。

そして、次の質問で、突然、インスピレーションがやって来た。

この質問の内容は覚えていない。

ただ、唐突にやってきたそのインスピレーションがめちゃめちゃ肚落ちしたのだけは覚えている。

『ああ…

この人はスパイでした』

言うと同時に、わたしの両目から涙が溢れた。
止めどなく流れた。

スパイ・・・

この人の使命は、人を欺き、裏切ること。

でも、その使命を果たせなかった。

そんなことがわかってきた。

すべてを失う

その人は元々、その部落の人ではなかった。

別の部落から、その部落を滅ぼすために遣わされたスパイだった。

その人が元々いたのは争いの絶えない好戦的な部族だったのだ。

孤児で、身寄りもなく、兄と慕う長(おさ)に可愛がられて育ち、その長に従うことはあたりまえのことだった。

疑う余地は全くなかったのだ。

でも、スパイとして潜り込んだ先の部族には、豊かで争いもなく、平和で穏やかな毎日があった。

育った環境とは真逆の世界。

その世界で、その人は初めて安らぎを得た。

部落の長の娘と恋に落ち、家族をもった。

幸せとはなにか、愛とはなにかを知ってしまったのだ。

守りたいものができた時、その人は生まれ育った部族の意思に従えなくなっていた。

だから、その人は自分が育った好戦的な部族から、平和で穏やかな暮らしをする人々を滅びの運命から救いたかったのだ。

でも、その人の言葉は信じられることもなく、誰にも通じることはなかった。

やがて、その人がスパイとして役に立たないとわかった時、その幸せは破壊された。

育った部族から襲われ、その人はすべてを失う。

豊かだった実りの地は荒され、平和に暮らしていた人達はみんな殺された。
その人の家族も。

その人は、家族も、平和な暮らしをする人々も、豊かな土地も、穏やかな平和な日々も、守れなかった。
すべてわかっていたのに、救いきれなかった。

わかっていたのに、滅ぼしてしまったのだ。

裏切りたくはなかったけれど、結果は同じだった。

やがて、自分が育った部族も滅びてゆく。

育った部族も、幸せだった部族も、なにもかもすべてを救えず、滅びの道へ招いてしまったことを後悔した。

何もできなかったことを悔いた。

大切な人すべてを失い、誰も救えなかった罪の意識の中で、それでもひとり生き延びた。

絶望の中で死を待つだけの身となった。

その9へ続く。

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。