人は何かに対して「許せない!」と思っていると、そのことに無意識に、無自覚でエネルギーを注ぐ。

エネルギーをムダに使い、体を緊張させ、強ばらせ、頑なになる。

これが許せた時、体の緊張は解け、緩む。

緩んだ自分で相手を見たら、どんな言葉が出るだろうか。

きっと、「許せない!」と思っていた時には想像できない言葉が口からこぼれるだろう。

仕方なかったね。

悪気はなかったよね。

それしか知らなかったんだよね。

その方法しかできなかったんだよね。

きっと相手への理解が起きてくるだろう。

わたしはね、相手を許せたと思った時、自分の体から力がふーっと抜けてゆくのを感じた。

許すと、緩むんだ。

許しは緩し なんだ。

語源は同じなんだよね。

許しは、手放す、自由にする
緩しは、寛大であり、ゆったりしている

誰かに対して、何かに対して、「許せない!」と強張るのをやめられたら、心は自由になり、ゆったりする。

体が緩むと心も緩む。

「許せない!」というエネルギーはそれだけ自分を消耗させていたんだと気がついた。

その分、自分の本質に注がれ、循環するはずのエネルギーが減っていたことに気がついた。

体が緩んで、心も緩んで、そのゆったりとした感覚を全身で感じ尽くしていると、やがて、自分の中に寛ぎが訪れる。

静かで、穏やかで、平和で。

それがどんなに至福なのか。

わたしたちはすでに知っている。

そう。

元々、「あった」ものなのだ。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
風の森遊

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。