何かを「やっている」ことだけが素晴らしいんじゃない。

何も「やっていなくても」いいの。

何もやらずに、ただぼーっとする。

何もやらずに、ただ待つ。

何もやらずに、ただいるだけ。

それでもいいんだよ。

何かをやっていなきゃいけない。

何かやってなきゃ落ち着かない。

そう感じるならば、何も「やらない」ことにちょっとだけチャレンジしてみて、自分の内側から聞こえてくる言葉に耳を傾けてみよう。

なんて言ってるかな?

何もやってない自分なんて、役に立ってないからいやだ。

何もやってない自分なんて、いる意味がない。

何もやってないなんて、怖すぎる。

何もやってない って何?

いろんな声が聞こえてくるかもね。

聞こえてきた声に駆り立てられるように、何かをまた「やってしまう」自分がそこにいないかな。

聞こえてくる言葉に、良い悪いはないの。

ただ、その言葉は聞くだけでいい。

「そうなんだー 役に立たないと思ってる自分がいるんだ」

「そうなんだー いる意味がないと思ってる自分がいるんだ」

「そうなんだー 怖いと思ってる自分がいるんだ」

「そうなんだー 何もやらないって何? と思ってる自分がいるんだ」

それでいい。

それだけでいい。

そう受け止めて、その言葉をそのまま川に流すように流してみて。

そして、聞こえてきた声に駆り立てられるように、何かをまた「やってしまう」自分に気がついてみて。

この駆り立てられるようなエネルギーが、自分に何をもたらしているかな。

それを感じてみて。

そのエネルギーを受け続けたら自分がどうなるかを想像してみて。

ただ体で感じてみるだけでいいからね。

それが自分にとって、必要なものなのか、必要なものではないのか。

自分の中に「問い」を立てておく。

答えは自分の中にしかないからね。

屋根から聞こえてくる雨音を聞きながら、何にも「やらない」ことを許してみる

そんな時間があったっていいじゃない。

雨音をただ聴いている

何もしていない時間

・・・

心地いい。

そして、何も「やらない」時間を感じ尽くして、腹の底から出てきた「やりたい!」だけをやればいい。

それが、自分の本当の声、魂の声だ。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
風の森遊

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。