11月が終わったのと同時に、さすがに限界を感じて今日は寝倒すと決めた1日だった。

昨夜の帰りの電車も最短で帰ってきたものの、なんと家が遠かったことか。

電車内で力尽きてしまわないようにすることで精一杯だった。

新幹線も在来線も乗り過ごすと、とんでもないことになるからね。
帰巣本能だけを頼りに帰ってきたようなもんだ。

ここまで疲れ切っていたからだろうか。

朝、家族を送り出した後、体は寝ているんだけど、脳ミソが活性化していた状態で、ものすごいストーリーの中にいる自分がいた。
健全度の低かった数年前の自分が出てきて、怖れに襲われる。
そして他人を責める。

寝ているんだか、覚醒してるんだかわからない状態から目覚めた午後、自分の中からビリーフの言葉がポロリと出てきた。

『どうせわたしにはできっこない』

うわー!
こんな言葉、まだ持ってたんだ!

今は自分のことも客観視できるようになったので、自分で自分をセッションする。

この言葉の下にある感情を探り、感じ尽くして、ビリーフの置き換えまでやってみる。

とんでもないことまで思い出してしまい、インナーチャイルドまで登場。
一人で声上げて泣きましたわ。

これも極限まで疲れ果てた体が思い出させてくれたんだと思います。
体感覚が同じでしたから。

ビリーフをリセットしたら、また眠くなってもう一眠り。

気がついたら外は夕暮れでした(汗

やっと起きれる気がして、熱めのお風呂に入って体を覚まし、さーてなんか食べよう ってもう夕飯の時間じゃないか(笑)

のらりくらりご飯作ってたら家族が帰ってきて、「あ、ママが家にいる♡」

家にいるだけで喜んでもらえるって、なんて幸せなんだろう。

ご機嫌な家族を見て、わたしもご機嫌になれる。

やっぱりいいなぁ。おうちって。

家族がいるから、‘わたし’でいられる。

どれだけ支えてもらっているんだろう。

好き放題して帰ってきても家族の笑顔があるからやっていける。

『いるだけでいい。』

その想いが循環している場が家族なんだよね。

荒んでた時もあったけど、こんなふうに思えるんだね。

あぁ、今日も幸せな1日だったなぁ。
しみじみ。

今読んでいる本

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:記事
100円貯金:00円 累計00円

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。