今日も朝から快晴!

洗濯物も布団も干しちゃって、この晴天を持て余す(笑)

の〜んびり過ごしていたら、気づいたら心地よく昼寝してて、昼過ぎてた。

ゆったりとした時の流れの中で、自分の中の変化をじんわりと感じてみる。

ダンナが倒れてからいろんなところで、少しずつ意識が変わってきつつある。

その中でここ数日感じているのが1日の過ごし方。

どんなふうに1日を過ごすか。

今までと明らかに違うのは、「1日を終わらせていく」ことに意識がいっている。

何をして過ごしていても、そのひとつひとつをきちんと感じきっているのか、感じ尽くしているのかに、意識がいくようになった。

ただなんとなく過ごすのではなく、何をして、何をしなかったのかを、ちゃんと感じていたい。

どちらかというと、飛ぶように時間を過ごしてきていたのが、そうではなくなり、ひとつひとつの時を丁寧に感じたいと思うようになった。

Apple Watchを手にしてから、スケジュールが全部腕に直接やってくる。

それも相まって、時間に対する意識が変わってきている。

今日みたいに何の予定がなくても、今日をどう過ごすかということに意識的でありたい。

それは予定どおりに過ごしたかということではなくて、予定はあくまで予定で、過ぎてゆく時をどう過ごしたかを意識する とでも言おうか。

書いてるうちになんだかよくわかんなくなってきたぞ(笑)

まだ文字化できるほど自分の中で深まってないんだろうな。

とにかく、以前とは意識が変わってきたのは間違いない。

その意識の変化の一環として、今まで半デジタル・半アナログだったスケジュール管理を、全面的にデジタルにできないかと考えてもいる。

これはApple Watchの影響でもある。

スケジュールの予実管理を全デジタル化するために、とりあえず今日は「Task」というカレンダーをGoogleカレンダーに作ってみた。

タスクリスト(To Do リスト)にしなかったのは、何をしていたのかのログを取るためと、タスクにかかった時間のログを取るため。

いつからいつまで何をしていたのかを残すには、タスクリスト(To Do リスト)ではできないからだ。

このあたりはTask Chute(たすくま)を使っていた時の良さを活かしたいと思う。

予め「Task」カレンダーに、タスク名で時間枠を取っておき、「Task」カレンダーの通知をApple Watchで受け取る。

そして、タスクが終わったら実績時間に直して、「Task」カレンダーに残す。

これで、いつ何をしていたかが「Task」カレンダーに残ってゆく。

ルーチンタスクは残さない。

ここがTask Chute式との違いだ。

ルーチンで動くことが苦手なわたしには、この方法の方があってる気がする。

まずは明日、実際に運用してみようと思う。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。自然界と繋がって生きることは、生きる力の根源と繋がることだと思っています。
自然界の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然のままに生きるとはどういうことか、体験をとおして探求中です。

今は、生かされていることに感謝しながら、自由に、安らぎと穏やかさに満ちた暮らしを楽しみ、バランスの崩れた体を健康な状態に導くべく自分の体でヒーリング実験中♪

このブログはわたしが体験し、感じたままを綴っています。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。