心肺停止で倒れた夫のよみがえり日記 24日目
2018年8月17日(金)

お山に行きたいね

今朝は空気が入れ替わり、朝は窓を開けていると寒いくらいだった。

朝一番で、けんちゃんから写真が送られてきた。

病棟のリビングルームから鈴鹿の山がよく見えるらしい。

『お山に行きたいなぁ〜』

写真にはそんな言葉が添えられていた。

この晴天だもん。

行きたいよねぇ。

転院先の病院も決まり、次は転院先を受診するところまで進んできた。

とは言っても、心臓は倒れた時のままで治療を進めているわけではない。

だから、今の病院では左手のリハビリ以外にやることはほとんどないのだ。

『ヒマだー』

シャワーまで浴びれるようになって、日常生活のほとんどは自分でできるところまで回復した。

ただ、心臓には心電図モニターがついているため、その電波が届かないところへは行けない。

つまり、病棟の同じフロア以外には自由には行けないのだ。

籠の中の鳥のようだ。

『お山行きたいけど、今は無理だから、病室内を歩きながら、手のリハビリしてるー』

心臓の治療が終わり、また山を一緒に歩けるようになるその日まで、待ってる。

何よりも家に帰って来る日まで待ってるよ。

『もうちょっとだから、それまで待っててね』

そんなやりとりの最後に送られてきた写真がこれ。

『餃子と炒飯だー!』

家で普通に食べてたものが出てくると嬉しいよね〜

あたりまえの日常へ、一歩ずつ。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
風の森遊

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。