真夏の沖縄旅も5日目。日程の半分を折り返し後半になりました。

阿嘉島滞在の目的はカヌーです。

3年前に来た時はお隣の座間味島から阿嘉島までカヌーで漕いできて、誰もいない北浜(ニシハマ)ビーチでプライベートビーチのように遊んだ思い出があります。その北浜(ニシハマ)ビーチの美しさ、透明度にホント感動しました。

北浜(ニシハマ)ビーチ なう ここの海はいつ見ても美し過ぎる。 #OKINAWA #SUMMER #2016夏_沖縄

Snow Bellさん(@mt.snowbell)が投稿した写真 –

今日はこの北浜(ニシハマ)ビーチからカヌーを漕ぎだして、島の北端にあるウタハの浜まで行きました。

シーカヤック で漕いできましたーヾ(≧∇≦) #OKINAWA #SUMMER #2016夏_沖縄

Snow Bellさん(@mt.snowbell)が投稿した写真 –

漕ぐこと約30分、誰もいない浜に到着です。

一息ついて、シュノーケルで沖に出ました。

北浜(ニシハマ)ビーチの透明度も素晴らしいけど、ここの浜も素晴らしかった!

iPhoneで動画撮ってみました〜 #OKINAWA #SUMMER #2016夏_沖縄

Snow Bellさん(@mt.snowbell)が投稿した動画 –

かなり長いこと泳いでたような気がします。

陸に上がってキーマカレーのランチをいただき、ランチの後はガイドさんがお気に入りのポイントに連れていってもらいました。

サンゴのお花畑を見たり、水深10メートルはあろうかという沖まで行っても海底までしっかりみえる透明度に、もう驚きっぱなしでした。

たーっぷり遊んで、北浜(ニシハマ)ビーチに漕いで戻ったあと、帰り際に阿嘉ビーチにおろしてもらってウミガメに会いにいってきました。

ちょっと透明度が低いですが、こんな動画が撮れるとは思っていなかったー!

わずか30分でしたけど、ウミガメさんと楽しい時間を過ごせて良かったー

やっぱり阿嘉島はいいわぁ〜

次回もまた座間味村に来ます。

大好き!!

海中写真は後日別記事でアップするのでお楽しみにー

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。