一度見てみたかったんです。
千鳥ヶ淵に咲く桜を。

下調べしててビビる

よくあるじゃないですか。この図 ▼

行く前にこれ読んで、ビビりました。

日本全国から100万人!?
混雑時には入場規制!!

ひえー!
どんなに人来るの!!

超ビビりました。

行こうと予定していた日はあいにくの雨模様。
しかも4月だというのに最高気温は真冬並みの10℃。
長野の友達は雪降ってる!ってSNSに書いてる!
そんな日でした。

でも、桜が咲く季節に100万人来るんだよね?
入場規制されちゃうような所なんだよね??

雨でもそれなりに人はいるでしょ。
観光バスの1台や2台くらいの人が来てるんでしょ?!
そう、腹を括りました。

あ、観光地の込み具合を観光バス換算するのはクセです。
あちこちで写真撮りながら、散々この手の失敗を繰り返してきましたからね。
それくらいは覚悟しておかなきゃっていう戒めみたいなものです。

雨だしなー
雨でも人多そう。。
寒いしなぁー

ちょっとどんよりしながら地下鉄を降りて、地上へ

あーあ。
人いっぱいだよぉ。。。


▲ 九段下駅出口前に広がっていた桜

雨が降っていても美しいものは美しい。

溜息が漏れました。

はぁ〜。

桜の美しさに踊る心と、人混みにビビる心。

複雑な心境のまま、カメラのシャッターを切りながら、おそるおそる千鳥ヶ淵緑道へ…

ん?

あれ?

あれれ??

歩きながらテンションが上がっていくぞぉ〜

ひ、人がいない!!

ま、マジで?!

あれ?
もしかして、この景色、独り占め?!!

全く人がいないわけではないけど、通りすがりの方とか、ご近所の方にお見受けする方ばかり。
ボートが乗り場もしーんとして人気がない。

カメラ持ってウロウロしてるのはわたしぐらい。。

ええ。
間違いなく、物好きな人でした(笑)

この日、わたしがいた時間の東京の気温は6.9℃
冷たい雨が降り続いていました。

雨だって美しいものは美しい

桜の美しさは雨だって変わらないんですよね。
それどころか、瑞々しくて、心なしか桜も嬉しそう。
雫にしっとりと濡れた姿はこれはこれで美しいものです。
青空に満開の桜がいいのは間違いないけど、雨に煙る千鳥ヶ淵もいい感じです。


▲ 圧巻でしたよ

『春雨じゃ、濡れて参ろう』じゃないですけど、時には雨の中歩くといいこともあるもんですね。

傘嫌いですけど、さすがに傘なしではツライレベルの雨だったし、気がついたら、傘さしてたのにカメラも、カバンも、靴もずぶ濡れ。
街中でこれだけ濡れたの久しぶりでした。

でも、「雨だから」の静かなしっとりとした花見、しみじみとしていてよかったです。

今度はゴアテックスのレインウェア、忘れずに持っていこうっと♪

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。