【ツバメ一家の大家さん ほぼ日誌 2015】

先週末はまだ聞こえるか聞こえないかのか細い声でしたが、日増しに声が大きくなってきました。

つばめっこ2015

今年はすべての卵が孵り、5羽のチビちゃんたちが小さな巣にひしめいております(笑)

くりくりの目で超カワイイ!

ただ、まだしっかりは見えていないようで音や気配で鳴き声を上げています。

新聞紙が風でガサガサ言う音、網戸を開け閉めする音、大家が近づいたり、カメラの予備発光やフラッシュにも反応して鳴いているので、外敵の多い場所ではまだまだ危険ですね。

もうちょっと大きくなってくると、大家が見えると隠れるようになります。

なので撮影もひと苦労。

今はビビりの父ちゃんも餌をくわえて巣にまっしぐら。飛び立つ時に大家が近くにいることにビックリ!な状態で、親も子も余裕がないので大家は撮影し放題です(笑)

DSC_1172_t_r

父さん母さんはカワイイこどもたちのために休みなく餌をはこんでおりますよ。

あまりストレスを与えてはいけないのであたたかい目で見守り続けます(^ ^)

 

がんばれ!父さん、母さん!

 

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。