【ツバメ一家の大家さん ほぼ日誌 2015】

先週末はまだ聞こえるか聞こえないかのか細い声でしたが、日増しに声が大きくなってきました。

つばめっこ2015

今年はすべての卵が孵り、5羽のチビちゃんたちが小さな巣にひしめいております(笑)

くりくりの目で超カワイイ!

ただ、まだしっかりは見えていないようで音や気配で鳴き声を上げています。

新聞紙が風でガサガサ言う音、網戸を開け閉めする音、大家が近づいたり、カメラの予備発光やフラッシュにも反応して鳴いているので、外敵の多い場所ではまだまだ危険ですね。

もうちょっと大きくなってくると、大家が見えると隠れるようになります。

なので撮影もひと苦労。

今はビビりの父ちゃんも餌をくわえて巣にまっしぐら。飛び立つ時に大家が近くにいることにビックリ!な状態で、親も子も余裕がないので大家は撮影し放題です(笑)

DSC_1172_t_r

父さん母さんはカワイイこどもたちのために休みなく餌をはこんでおりますよ。

あまりストレスを与えてはいけないのであたたかい目で見守り続けます(^ ^)

 

がんばれ!父さん、母さん!

 

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。