自分の外に何かを求めていたのかも・・・ SNSを見る時間が減ってきて感じたこと

SNSを見る時間が減ってきました。

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービス(social networking service)のことで、FacebookやGoogle+、Instagram、mixi、Ameba、LINE等がそうですね。

ここ2-3年はFacebookが中心ですが、なぜ見る時間が減ってきたのかちょっと考えてみました。

楽しくない

そもそもSNSを見ているのは楽しいからなんですけど、楽しいには理由があって誰かとコミュニケーションをとれるのが楽しいんです。
その楽しさを求めてついつい見てる時間が長くなる。
そんな傾向がありました。

それが最近、タイムラインに流れてくるものを見ていても楽しくない。
いろんな人がいろんなことを書かれてますが、その内容が楽しくないということではなくて、興味のある話題が少ないと感じるんです。
見ていてワクワクしないんですよね。

SNSにかける時間がもったいなく思えてきた

もともと時間を消費しているとは思っていたんですが、最近はもったいないように思えてきました。
「ムダ」とまでは思いませんが、他にやりたいことをやっていた方が楽しい。

今は、前までSNSをしていた時間には、本を読んでいることが多いです。
本を読んでいる方が楽しいし、充実してると感じるんですよね。
興味・関心があるものが変わってきたのかな?

ちなみにテレビは見たい番組以外はまず見ません。
テレビこそだらだらと見てしまい、時間を浪費しいてる感覚が強いからです。
そして、テレビは時間が来ればバチッと消して、次の行動に移ることができます。

SNSは自分を惑わせるものだと思えてきた

いままでは時間を費やしていても、楽しいからなかなか離れることができませんでした。

ところが、最近はちょっとずつSNS上の話題に、翻弄されてる気がしてきました。

いろんな情報を見ていると迷うんですよ。
揺れるというか。
惑わされてるんじゃないかと思えてきました。

自分のやりたいことや信念が、明確になってきたからでしょうか。
もういいや。
見なくてもいいや。
そんな感情を抱くことが多いんです。

自分の外に何かを求めていたのかも

FacebookにしろTwitter(Facebookの前はTwitterを同じように見ていました)にしろ、見ている時は「もっといいものがあるかもしれない。」そんな感覚があることは薄々感じていました。

でも、この感覚ってよくよく考えてみると、「自分の外により良きものがある」っていうのを探してるんじゃないだろうか。

ひっくり返してみれば、「自分の内側には求めるものがない」って言ってるような。。。

て、ここまで書いて、あぁ、これって自分を否定してるじゃないですか!

気づいてしまいました。(苦笑)

「自分の内側には求めるものがない」って、自分の内には答えが「ない」っていうのが前提。
「ない」から外に探しにいってる。

すべての答えは自分の内側にしかないんです。

そのことを知っているから、自分の外に、どれだけ探し求めても納得するものは出てこなし、出てくるわけないし、自分を「もともとある」「信頼してない」とわかってしまう。(悲)

あーあ、書いてて気づくとは(笑)

気づいちゃったらバカバカしい。
SNSに「もっと」いいものがある?
いえいえ、そんなもんありませんて。
どこを探してたんでしょう。

意味もなくSNSを彷徨う時間が減りそうだし、理由もわかってスッキリした!

もちろんコミュニケーションを楽しむために、見にはいきますよ♪

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です