風の森遊

- かぜのもりあそび -

メニュー

宮古島 八重干瀬への行き方とおすすめの時期

この記事は約2分35秒で読めます

八重干瀬

八重干瀬に上陸するツアーは2014年を最後になくなってしまいましたが、八重干瀬がなくなったわけではありません。
八重干瀬は毎年浮上し、その姿を見せてくれます。
また、八重干瀬へ行くことは通年可能です。
行き方とおすすめの時期、ご紹介しましょう。

八重干瀬への行き方

宮古島や池間島のダイビングガイドに頼めば八重干瀬に行くことができます。

マリン体験 | 宮古島ツアーガイド 宮古島観光協会

池間島ねっと – レジャー

大潮の時期ならシュノーケリングでも充分楽しめるのでダイビングができなくても大丈夫です。
(上陸できるほど潮が引くのでサンゴでケガしないようにご注意を)

実は八重干瀬の美しさは海中でこそ!と思うので、次回はぜひシュノーケリングしに行きたいと思っています。

また、「八重干瀬観光ツアー」を催行していたはやて海運が、船底に海中展望ラウンジを装備したクルーズ船を購入し、2015年4月以降に八重干瀬ツアーなどを行う計画進めているとの記事も見つけました。
はやて クルーズ船運航へ/船底に海中展望ラウンジ | 宮古毎日新聞社ホームページ

はやて海運のホームページはこちら
ベイクルーズ宮古島—-MontBlanc(モンブラン)

気になる方はチェックしてみてください。

八重干瀬 おすすめの時期は?

海面に姿を見せる『幻の大陸』が見たいなら春から夏の大潮の時期がおすすめです。

潮の干満を調べるなら沖縄気象台が「潮干狩りのしおり」を発信しています。

八重干瀬に限らず干満差(資料によると 差の大きいところで2m!)で海の様子も随分と変わります。

また、干満だけでなく3~8月までの干潮時刻、浜下りの時期もわかるので、これを参考にして春夏の沖縄旅の計画を立てるのもオススメです!

平成27年潮干狩りのしおり

上記は2015年のリンクですが、毎年3月頃に発表されてるようなので、沖縄気象台の「トピックス」をチェックしてみてください。

沖縄気象台

4月に八重干瀬に行きたい方は、全日本トライアスロン宮古島大会の前後はご注意を!

宮古島といえば、トライアスロンを思い浮かべる方も多いでしょう。
それほど有名で、また宮古島でも島全体で盛り上げている一大イベントです。
例年4月の中旬に開催されています。

大会直前はもちろん、早めに現地に入ってトレーニングする選手の方がおられるため、宿泊・航空ともに予約が取りづらくなります。
また、大会当日は島内道路の規制があり、送迎に支障が出るため、ダイビングツアー自体を催行しないケースもあるようです。
4月に八重干瀬へ行きたい方は、トライアスロンの日程もあわせて確認されることをお奨めします。

全日本トライアスロン宮古島大会

2015年は4月19日の開催で、なんと浜下り(4月21日)の2日前(^_^;)
浜下りにあわせて八重干瀬へ行こうと思うとちょっと大変かもしれません。

旅するなら「うりずん」もオススメ

うりずんの語源は「潤い初め」とか。
沖縄で春分から立夏までの新緑の季節のことをいいます。
立夏というと5月5日頃。
つまり、ゴールデンウィーク頃になると、梅雨入りも近く、天候も不安定になり、湿度も上がってきます。

沖縄へはいろんな季節に旅してますが、陽射しも柔らかく、過ごしやすさでは”うりずん”が一番だと思います。
浜下りもこの”うりずん”の真っ只中が多いですね。
1年中行ける八重干瀬ですが、デイゴ咲く”うりずん”の季節がオススメがですよ

2014年 春 沖縄 宮古島 八重干瀬 上陸 関連記事はこちら

宮古島沖にある八重干瀬は年に数回数時間だけ浮上して『幻の大陸』になる-2014年 春 沖縄 出歩記- | 風の森遊

宮古島 八重干瀬 最後の上陸ツアーに参加できたのはマイレージプログラムのおかげ-2014年 春 沖縄 出歩記- | 風の森遊

宮古島沖 八重干瀬 最後の上陸ツアー 貴重なサンゴ礁の姿を見てきました-2014年 春 沖縄 出歩記- | 風の森遊

Information

【募集中】森や自然の中でのカウンセリング体験(モニターセッション)

自然の中で行うことで何ができるのかを実践中です。セッションさせていただく方に応じて様々なワークも試しています。クライアント役をやってもいいよ!という方、ぜひ力をお貸してください!

モニターの詳細はこちら

関連記事

  1. 根本大塔
  2. 奥入瀬夕景
  3. 梓川と穂高
  4. FDA
  5. 奥入瀬の紅葉

ようこそ!

『風の森遊 -かぜのもりあそび-』へ
風のように自由に、やりたいこと、好きなことだけをして、感じたままを綴っています。

プロフィール1

こんにちは、みうら雪絵 です。
『心のままに生きる。』
そう決めて「我がまま」に生きています。
森や自然の中にいるのが心地よくて、ただいるだけで幸せ。
森の中で佇んでいる時が一番「我がまま」です。

『森で「我がまま」になる。』
そのガイドをするのが私の使命です。
森で「我がまま」「あるがままの自分」を探してみませんか?
詳しくは こちらへ

月別アーカイブ

最近読んだ本