「ほぼ日手帳avec(アヴェク)」半年で手帳が変わるって新年を2回迎えるような新鮮さがある!分冊版の意外なメリット

「ほぼ日手帳」を使いはじめて9年目。
まだまだ感動をもらえるとは思ってもいませんでした!

「ほぼ日手帳カズン」を使いはじめて4年目になりました

「カズン」を使いはじめて4年目になりました。

カズンを愛用する理由は、1日ページの書けるスペースの広さです。

使い方は4年で変わってきました。

今は、毎朝自分との対話で出てきた想いだったり、その日にどうしてもやらなきゃいけないタスクだったり、やりたいことリストだったり、かなり自由に書いています。

だから、この広い1日ページがとても嬉しい。

だけど、大きい反面、1年分だと「嵩張る」「重い」

この不満を解消するために2016年から「avec(アヴェク)」を使っています。

「後期」版に切り替える時に・・・あれ?

「ほぼ日手帳avec(アヴェク)」は「JAN-JUN」と「JUL-DEC」の分冊になっています。

7月になって「後期」版に切り替える時に、「あれ?これなんだかいい!」って思ったんです。

新年の時、真新しい手帳に変える時と同じ新鮮さがある。

なに?この新鮮な感覚♪

去年は感じなかったのに不思議です。

今年は6/30に夏越の大祓をやったので、そのせいでしょうか。

伝統行事をきちんとすることで、新たな年を迎えるくらいの心持ちになれるのなら、これは続けていきたいですね。

そして、その後に開く「ほぼ日手帳avec」で味わえる新鮮さ。

これはいいです。

1年に2回新年を迎えたように感じられることも、今までになかったので、それも新鮮です。

想像してなかった効果ですね。

来年も「ほぼ日手帳avec」にしようっと♪

え?鬼が笑う??

いやいや、ぼちぼち来年の手帳が出始める時期ですよ。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です