スマホを入力するとき、指が痛い。。

フリック入力するようになって、画面の上で指を滑らすように使うからでしょうか。

左手で持って右手でフリック入力をしているので、右手の入力する指に負担がかかって、第一関節が痛くなってきました。

最初は、中指使いでした。
中指が痛くなったので、人差し指にしてみました。
そのうち人差し指も痛くなっきたので、薬指を使ってみたり、両手親指入力にチャレンジしてみたり、あれこれ試してみましたが、どこも痛くなってくるんですよね。

要は、どの指だって、やればやるほど痛い。

1日にどれだけ指使ってんの?! って話です。(苦笑

酷使しすぎなんですよね。

止めりゃあいいんでしょうが、いまやスマホはなくてはならない存在。

まったく入力せずに済む日なんて、電波の届かない山中に行った時ぐらいです。

とある日、目の前でタッチペンを使っている人が…
これだ!!

タッチペンを使い始めたら、痛みがなくなった!

当然と言えば、当然なのかもしれません。

フリック入力の時に、指を横にスライドさせる動きがなくなったので、第一関節の痛みはなくなりました。

少し炎症を起こして赤く腫れていたので、整形外科のドクターからテーピングを巻くことを教えてもらって、やってもいたんです。

テーピングをすれば確かに痛みは出なくなるんですが毎日面倒なんですよね。

動きを抑制するために巻くので、日常生活で不便でもあったんです。

それが、タッチペンひとつで解消できてしまいました。

愛用しているのは「Su-Pen P201S-T9C」

以前、細かい部分の入力用にタッチペンを購入したことがありました。

ただこのペン、反応の良さは申し分なかったんですが、電池式で光を使うタイプだったので、ペン先が固く、入力するときにカツカツと音がして、ちょっとイヤだったんです。

そこで、次は別のタイプを と思って、「Su-Pen P201S-T9C」を購入しました。

ペン先は導電性繊維のため、入力する時のカツカツ音はしません。

反応も悪くありません。
ペン先の角度によっては反応が悪いときもありますが、ストレスを感じるほどではないです。

ペン先が繊維だから、入力するときのクッション性がソフトでいい。
カーボン軸だから、軽い。

「持っている」という重さをほとんど感じないし、手首へのインパクトが少ない感じがします。

うーん 快適♪

あまりに快適過ぎて、たまに指で入力すると、違和感を覚えるくらいです。

今まで苦痛をガマンして入力していたのは一体なんだったんでしょうね。

使いはじめて1カ月も経ちませんが、すっかりiPhoneと一緒に持ち歩くマストアイテムになりました。

快適なスマホ、タブレット入力環境を手に入れたい方に、オススメです!

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。