今年も新しい手帳(スケジュール帳)を決める時期が来ました。

毎年新しい手帳が出始めると来年はどんな手帳を使おうかな〜 とソワソワわくわく。

毎年の手帳選びは楽しみな一大イベントです。

「ほぼ日手帳」に出会うまでは同じ手帳を2年続けて使ったことがなく、使い方が定まらないでいました。

そんな私が1年間手帳の使い勝手にモヤモヤし続けたのが2009年。

1年間に4冊の手帳をジプシーし、翌年の手帳が出始める秋になって異様に気になったのが「ほぼ日手帳」でした。

まもなく2010年になろう頃に、2009年Springをオークションで落札して試用を開始。
それ以来オリジナルを5年、カズンを2年使っています。

7年間で使い方は変わっていますが、使い方を変えても使い続けたい魅力があり、あれだけいろんな手帳をジプシーしてきた私が7年も使い続けている「奇跡の手帳」です。

その「ほぼ日手帳」の使い方に疑問が沸いてきたのです。

月間ページと週間ページ、1日のページを行ったり来たりが面倒 分冊にする?

オリジナルからカズンに変えたタイミングは、退職して手帳の役割が大きく変わった時でした。

オリジナルを使っていた頃は、主に仕事のToDoリストとして使っていました。
退職を機に使い方が変わり、その日を振り返りいろいろなことを書き始めたら、とてもじゃないけどオリジナルの日ページには書ききれなかったのです。

さらに週次レビューをするために週間バーチカルタイプのページが欲しくなりました。
オリジナルにはありませんが、カズンにはあります。

自分のやりたいことを実現するために動きはじめたら、カズンの方が使いやすかったのです。

ところが最近になって、週次レビューと月次レビューをほぼ日手帳1冊で進めようとすると面倒になってきたのです。

月間カレンダーページと週間バーチカルページ、日のページを行ったり来たりしてると、だんだんうっとおしく感じるようになってきました。

月次レビューだけなら月1回ですが、週次レビューは毎週のことなので、こんなことで週次レビューが滞るのは困ります。

同じやるなら心地よくやりたい。

いっそのこと月間カレンダーページと週間バーチカルページを「ほぼ日手帳」と分冊できないのかと考えたのです。

カズンは重い。。

週次レビューは集中するために自宅ではなく、カフェなどでやっています。
毎週「ほぼ日手帳カズン」を持ち出すのは重いんですよ。

だから、2015年から発売された「avec」に非常に惹かれました。

ただ「avec」には週間バーチカルページがない。
ここは譲れなかった。
昨年は今ほど不便さも感じていなかったので、そのまま1年版を使うことにしました。

月間カレンダーと週間バーチカルを分冊してしまえば、この「avec」が使えるようになります。
「持ち出すのが重い」を解消できるわけです。

そこで、例年発売と同時に買う「ほぼ日手帳」の購入を控え、様々な手帳が出揃うのを待つことにしました。

いろいろな手帳を比較検討してみた結果はこちらをどうぞ。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。