東京・芝大神宮 都心にある創建千年の「関東のお伊勢さま」へ夏越の祓いに行き、心身の穢れを祓ってきた

夏越(なごえ)の祓いに、東京・大門にある芝大神宮に行ってきました。

「夏越の祓い」って何だ??

東京へ移動する新幹線の中で偶然読んだ記事に「6/30は夏越の祓いです」と書いてありました。

夏越の祓い?

なんだ、それ??

と、いうわけで、調べてみると、大晦日の夏版だとわかりました。

確かに、大晦日には新年を迎えるにあたって心身ともに清めるけれど、その夏版があるとは知らなかった。

古来から、半年に一度こうやって穢れを祓い清めてきたんですね。

知ったからには、即実行!

6/30当日にこの記事に巡り合ったのも何かのご縁。

東京に着いてから時間にゆとりがあったので、新幹線の中であれこれ検索して行き先を決めました。

関東のお伊勢さま・芝大神宮

検索の結果、参拝先に選んだのは芝大神宮です。

芝大神宮は地下鉄「大門」駅のすぐ近く。
ここなら東京・品川駅からそんなに離れていないし、目的地にもアクセスしやすい。

さらに、選んだ理由に、参拝させていただくなら、それなりに由緒あるところを選びたかったのもあります。

芝大神宮は創建千年を越え、歴史もあり、源頼朝や徳川幕府の篤い信仰も受けている由緒ある神社です。

そして、御祭神は天照大御神と豊受大神。
伊勢神宮と同じなんですね。

「関東のお伊勢さま」と親しまれ、安藤広重の錦絵にもたくさん残されているそうです。

お伊勢さんとご縁が深いわたしとしては、これは行かなければ!

品川駅で新幹線を下り、京急線に乗り換えて大門駅へ向かいました。

茅の輪くぐり!

大門駅から芝大神宮まで、実は迷いました(笑)

地図を見ず、カンで当てずっぽうに歩いてたら、行き過ぎて隣の駅まで歩いてました。
雨の中、重い荷物持ってアホです(笑)

大門駅から徒歩1分は本当でした。
帰りに最短で歩いて苦笑しちゃいました。

正面階段の中ほどに、茅の輪(ちのわ)が。

あーーー!

子供の頃、近くの神社で毎年やってた茅の輪くぐりって、夏越の祓いだったんだ。

そっか。
はじめて繋がりました。

御祭神と一緒に合祀されてる中に、源頼朝と徳川家康もいます。

本殿の脇に夏越の祓いのための人型の紙もありました。
夕方からの神事には参加できないので、こちらにも納めさせていただき、この半年の祓い清めを託してきました。

お参りしている間に、ピピッと閃くものがあったので、ご縁結びの絵馬も奉納してきました。

こういうピピッという閃きは大切にしています。

蒔絵のおみくじがあったので、この先半年間はどうあればよいか? と問いを立てて引いてみました。

「和」ですって!

読んだ瞬間、鳥肌が立ちました。

常に意識できるように、ほぼ日手帳avecに貼りましたよ。

知って即実行、行き当たりばったりの参拝でしたが、やっぱりこういった場所に身を置くだけで違いますね。

なんだかスッキリした心持ちになりました。

リフレッシュした感じです。

この感覚が心地いい。

来年からも「夏越の祓い」、忘れずにやっていこうと思います。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です