2014年10月28日から30日まで北東北を旅しました。

1日目は青森空港から八甲田山を経由して奥入瀬渓流に入る予定でしたが、天気予報がまさかの「雪」でした!

予報天気図は冬型 八甲田山は降雪?積雪?

出かける時に欠かせないのは1週間前からの週間天気予報です。

今回の旅では出発が近づけば近づくほど、予報天気図が顕著な冬型になっていくイヤなパターンでした。出発前々日の天気予報では、八甲田山での雪の可能性があるというではありませんか!

まずい。非常にまずい。

運転はし慣れてるとはいえ、レンタカーでの雪道は避けたい。

そう思っていると前夜の天気予報ではすでに八甲田山では降雪していると!

もうこればっかりはどうしようもありませんね。

朝まで何センチ積もるのか、もう待つしか手はありません。

翌朝の天気予報を見て笑いました。

『八甲田山では12センチの積雪となっています』

八甲田山行きが絶望的になった瞬間でした。

名古屋は快晴なのに、青森空港は雪!

県営名古屋小牧空港
朝一のFDA便で県営名古屋小牧空港から飛び立ちました。
FDA機と富士山
快晴の青空と富士山

眼下には見慣れた景色が広がっています。

富士山、御嶽山、乗鞍岳、穂高岳、槍ヶ岳、立山・・・なんと、北アルプスの山々を空から見ることができました。いつも山から見上げている飛行機に乗っているかと思うと不思議な気分でした。

真下に穂高を横切り、穂高岳山荘が見えたときには身震いしましたよ。

今から思えばこれがこの日の一番のポイントでしたね(笑)

日本海に向かうにつれて足もとは雲が広がり、一寝入りしたころには窓の外は真っ白いガスの中でした。うーん。イヤな予感がする・・・

青森空港にランディングした時は雪が降っていました。

青森空港は雪
青森空港は雪…

八甲田山は通行止め ルートを変更して奥入瀬渓流へ

予約したレンタカー会社で情報を聞いたところ、八甲田山は見事通行止め。

もう笑うしかありません(苦笑

さすがのレンタカー会社もこの季節ではまだスタッドレスタイヤははいていないとのことで、奥入瀬までの安全なルートを教えて欲しいというと、受付してくれたお姉さんは「わからない」と・・・(汗

お姉さんが呼んで来てくれた方に根掘り葉掘り聞いたところ、青森空港~青森自動車道~みちのく有料道路~R4~七戸町~十和田市~奥入瀬のルートなら雪の影響もないだろうと教えてもらいました。

うーん。すごい大回り(笑)

でも安全には変えられません。旅の目的は翌日のライプです。ここで事故るわけにはいかないのです。

カーナビまでセットしてもらって、一路 奥入瀬渓流へ。

この季節は、ちょっと違えば「山は雪」というのを、まさか旅先で体感することになるとは思いませんでした。

八甲田山は国道も通じ車で通れるとはいえ、アメダスの積雪量日本記録(556cm/2013年2月26日)を持っているところ。その一端を垣間見ることになりました。この日、八甲田山はずーっと雲の中で寒々とした空模様。

酸ヶ湯温泉、千人風呂 行きたかったなぁ〜

次の旅の目的ができました。(;^_^A

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。