夫婦喧嘩になる前に止められた! 自動反応を認めて、ビリーフ解放の成果を感じた日

自分のステートが下がり気味。。

このところ、自分のステートが下がり気味です。

ちょっとしたことで反応しそうになっちゃってます。

先日も、夫婦喧嘩のいつものパターンに着火しそうだったんです…

が、なんと。

今までとは別の展開になっちゃいました。

自分でもビックリしたこの展開、通称・タマネギの皮剥き=ビリーフの解放、置き換えをやってきた成果でした。

今までのパターン

今までは、わたしがやろうとしていることを先に手出しされるカチンときて、と反応していました。

特に、やらなきゃなぁー まぁ後でやるかぁー と先延ばししてることに先手を打たれると、かなりの高確率で反応します。

具体的に言うと、
掃除機かけなきゃなぁー でも時間ないから今度の休日にじっくりやろう。
なんて考えている時に、ダンナ氏がクイックルワイパーでまぁるく床を拭き出すと、
『ちょっと、どうせやるなら掃除機かけてよ』『ヤダよ。とりあえず、これでいいじゃねーか』
と始まるわけです。

この日のパターン

カチン!と来たところまで同じでした。

ところが、反応しそう(いつもと同じことを言いそう)になって、「ちょっと待てよ」と自分で自分にストップをかけました。

そこで、じっくり自分の反応を客観視してみました。

確かに、カチンときたよね。
うんうん。

でもさ、今時間ないじゃん。
ダンナ氏がやってくれてありがたくない?

うん。確かにありがたい。
床のざらつきも、ほら!ないし。足が気持ちいいじゃん!

ホントだ!
ここは素直にお礼を言おう。

内なるわたしと、こんなふうに対話して、思いきって、ダンナ氏に言ってみました。

『ありがとう。気になってたんだ。助かるー』

言って一番ビックリしたのはわたし自身です。

まさか今までの定番パターンから抜けることができるなんて!

反応の下にある無意識を探る

どうしてこういうことができるようになったかと言うと、反応パターンに会った時、そこに留まって、自分の気持ち、想いをしっかりと受け止めました。

なんで、ここで反応するんだろう?
このパターンの元になっているのはなんだ??

他人との関係で反応を起こす時、相手は「自分の鏡」であると言われます。
専門用語で「投影」というやつですね。

投影を起こす時は、その元となっている体験が存在します。

その元体験の時、自分自身が受け取った不快感と同じような感覚を感じた時、自動的に反応してしまうわけです。

感情には目的があると言ったりもしますが、その目的とは何だったのか、何をしたかったのかを、自分を内観することで徹底的に探ったんですね。

これは、喧嘩になりそうな時ではなく、1年ほど前、LPL養成講座の自主トレーニングのクライアント役で取り上げてもらい、セッションしました。

わたしの場合は、このパターンに入る時、怒りを感じています。

その怒りの目的=「わたしがやろうと思ってたのに手を出すな!」を認識して、「やらなければどうなるか?」という問いを自分に立てました。

すると、その下から無意識に責められてる気持ちが出てきました。

やってない自分はダメだ。
やれない自分はダメだ。

自分で自分にダメ出ししてたんですね。

これを、きちんと受け止めて、検証して、置き換えするワークをセッションでやったわけです。

ビリーフ(思い込み)解放のワークですね。

そして1年経って、同じことが起きてきても、自動反応する前に別の選択ができたわけです。

ビリーフ解放をしてくると、パターンを止められる。自動反応しなくなる。って、知ってましたけど、こういうことだったんですね。

自分で体験して感心しました。

タマネギの皮剥き(ビリーフの解放)、やってきてよかったです。

そして、たくさんの皮剥きを続けた結果、今のまんまの自分でいいんだ。充分なんだ。という境地にまで辿り着けました。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です