ここで終わらないのが明美ちゃんセッション

明美ちゃんのセッションは、過去の癒し(ここでは前世の癒し)だけでは終わらない。

必ず、未来にも繋ぐのが、LPL流だ。

前世療法の最後に、明美ちゃんは未来への問いも投げかけていく。

 

「その時、何をしたいと思ったの」

明美ちゃんに問いかけられる。

絶望の中で、いのち終えていく人をなくしたい。

そう思っていた。

こんな絶望の中で、死んでゆくなんて悲しすぎる。

生きていたってなんの意味もない。

絶望してたっていい。

そういう時があってもそれはそれでいい。

でも、そのままいのちを終える人はいて欲しくない。

絶望の中にだって、希望の光はある。

残っているはずだ。

こんな絶望の中で死んでゆくのは自分ひとりでたくさんだ!

そんな強い意志が伝わってきた。

「その意識で、雪絵ちゃんがこの先やりたいことは、何?」

明美ちゃんに問われて、やっぱり人を助けたいと思った。

人だけじゃない。

この地球もだ。

人も、地球も、そもそも持っているいのちの方向へ向かわせたい。

こんなはずじゃなかった….そんな想いのまま、人も、地球も、いのちの花をしおらせて欲しくないのだ。

「具体的に何をしているの? 何がイメージできる?」

大好きな上高地で、たくさんの人の前で話している誰かを、見守るように全体を見ている自分が見えた。

何をしているかはわからない。

でも、上高地でリトリートやワークショップみたいなことをするのはわたしの夢の1つだ。

そんなビジョンが見えた。

でも、あんまり詳しく言語化したいとは思わなかった。

このビジョンのまま、自分の中に眠らせておこうと思った。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。