4月に受験した、LPL認定試験に落ちました。

結果発表直後から強い反応が起きてしまったので、その一部始終を綴っています。

その3は、少し落ち着いてきたからのことです。

不合格になったからこそ、出てきたもの

自分を責め続けるうちに、涙もぼちぼち枯れはじめ、落ち着いて考えれるようになってきました。

すると、今回のことでわたしが気づくべきことは何なんだろう? と思えてきました。

右腕の痛みだけでなく、自分を責めながら感じている、このハート(胸)の痛みは何なんだろう?

この痛みがわたしに知らせているもの、伝えたいことは何なのか。

LPLアドバンスコースで学んだ「ジャーニーワーク・身体の旅」を体験したからこそ、身体が伝えていることを知りたい。

これらの痛みは、試験に不合格にならなきゃ自覚できなかった。

不合格になったからこそ、出てきたものがある。

ようやくそこに目が向きはじめました。

ここに、無意識的な何かがある。

自分がわかっていない何かがここにある。

単に、
「試験に落ちた」、
「じゃあ、来年また」
て、思えないのはなぜ?

なんでこんなにも悔しくて、涙が止まらなくて、自分を責め続けるのか。

この胸の刺すような痛み、咽せる感覚、こみ上げてくる咳は何を言いたいのか。

身体は、頭の理解、知識なんかより遥かに饒舌です。

身体が何かを雄弁に語っている気がしてなりませんでした。

LPLで2年も学んでくると、こういう視点になるから面白いよね。

辛さ、苦しさ、苦痛から逃げても何も終わらない 終わらせるために突き詰める

そもそも「自分を責める」なんてことは久しくやってなかったんですよね。

だって、自分を責めて、痛みを感じることって、辛いじゃないですか。苦しいじゃないですか。

だから、そんなことをわざわざ自分に対してするなんてこと、やってこなかったんですよね。

でも、どんなことも感じきらないと自分の中で澱のように溜まっていく。

それが、自分にとって不快なもの、居心地悪いものであってもです。

逆に、どんな感覚も感じきれば、流れていく。

流れていけば、そこにあったものは終わってゆく。

これはLPLで学んでくる中で知識として得て、カウンセリング/セラピーを受けて体感してきたことなので、わたしにとっては真実なのです。

だから、どんなに辛くて、苦しくても、その感覚をとことんまで感じきる。

感じきって、流して、起きていることを終わらせていくために。

だから、敢えての苦痛の選択でした。

自分を責めて、そこにある感覚を、すべてのことを感じきって、解き放つ。

本当の意味で、ここで起きているパターンをやめたい。

もう二度と、こんな悔しい想いはしたくないから、ここでこのパターンを見極めて、終わらせよう。

苦しいよ。辛いよ。

でも、この苦痛から逃げたって、またいつか同じようなことをするだけ。

苦痛を感じる根本を見極めなきゃ、何が元にあるのか突き止めて、それを終わらせなきゃ、この「苦痛を感じているわたし」は、何度もこの苦しさ、辛さを知らせてくる。

この苦痛の下にあるものを見つけないと、また同じことをやってしまう。

これこそ、わたしが本当に終わらせたいもの。

もう、終わらせなきゃいけないもの。

自分の中から湧くものは、終わらせるべきものがあるサイン。

わたしが終わらせたいものは何なんだろう。

この視点までくると、かなり自分のことを冷静に見れている自分がいました。

その4につづく。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。自然界と繋がって生きることは、生きる力の根源と繋がることだと思っています。
自然界の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然のままに生きるとはどういうことか、体験をとおして探求中です。

今は、生かされていることに感謝しながら、自由に、安らぎと穏やかさに満ちた暮らしを楽しみ、バランスの崩れた体を健康な状態に導くべく自分の体でヒーリング実験中♪

このブログはわたしが体験し、感じたままを綴っています。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。