稼げないからお金を使ってはいけない? 稼げない自分はダメ? 稼げない罪悪感を手放す

意気揚々と2016年をスタートして1ヶ月、坂道を転がるように気分が落ち込んでしまった2月のお話です。

原因のひとつは「お金」

「思ったように稼げてない現実」に直面したのがひとつのきっかけなんじゃないかと思ってます。

昨年末の時点で「やりたいこと」でマネタイズしようと思うと、どうも上手く進まない、何かが引っ掛かる感覚があったので、「好きなことをやる」と「そこから収益を得る」は当面繋げないと決めていました。
「好きなことをやり続けたら、お金も稼げてた」くらいの心持ちでいようと決めたんですよね。

ところが、2015年の決算をしていたら、お金が「ない」現実に直面し、凹みました。

不思議なことに「お金を使ったこと」き罪悪感はほとんどなくて、「稼げていないこと」の苦しさを感じているんですよね。

お金がないなら使わなきゃいい という考えもあるんですが、そこは先行投資だと思って使っているので、罪悪感もないですし節約しようとは思わないんです。

ただ、使うならそれに見合う稼ぎを得たい。

でも、現実にはそれに見合う稼ぎはない。

稼げてない。

稼いでいないから、使ってはいけない。

今だからさらりと書いてますが、ここに大きな落とし穴がありました。

稼いでいないから、使ってはいけない?

これね、見事な「思い込み」だったんです。
「思い込み」とも「前提」とも「ビリーフ」ともいいますね。
自分で勝手に「そういうことにしちゃってる」んだって気がつきました。

気づいた時点で、この「思い込み」をひっくり返してみました。

稼げなくても、使ってもいい。

稼いでいないから、使ってもいい。

ひー! 2つ目は今でも引っかかるー(苦笑

「もしかしてスゴイことに気がついた?」と一瞬ニヤリとしたものの、その後、すごい違和感(笑)

いいのか?

本当に??

そんなふうに考えていいの???

ええ、もう罪悪感たっぷり。

苦しー!

稼いでいない私はダメな私

社会人になってから、稼ぐのが当たり前、稼げない自分を想像したこともありません。
結婚しても、子供ができても正社員で働き続けてきたから、稼いでいない時がないんですね。
それを「稼いでいない」現実から気づくことになりました。

思うように「稼ぐこと」ができないことに罪悪感を感じて、そんな自分がダメに思えてきて、稼げていない現実が苦しかったー!
その現実をとことん見つめて、苦しい自分を否定せず「苦しいんだね」とただただ受け容れて、悶々とすること数週間。
「稼ぐことはあたりまえじゃない」というところまで辿り着きました。

思うように稼げていなくても、私は生きてる。
自分で稼げないことに苦しさを感じていたけど、自分で稼ぐことは「あたりまえ」ではない。
この「あたりまえ」を手放す時が来たんです。

自分で稼ぐことはあたりまえじゃない。
自分で稼げなくても「ダメ」ではない。

だだ、これを「稼げなくてもいい!」に変換するのはそう簡単ではありませんでした。
さらに追い討ちをかけるように、別のお試しがやってきたんですよね(滝汗

つづく・・・

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です