ものくろさん こと  大東信仁さん が主催するものくろキャンプに参加してきました!

その丁寧でわかりやすい教え方に「この方なら!」と確信を持ち、個人レッスンもお願いすることに。
結果、WordPressへのモヤモヤ感が、とりあえずひとつは取れて、とーってもスッキリ!

目からウロコがぽろぽろとれたレポートです。(^ ^)

ものくろキャンプとは?

ものくろさんが主催する実践型ワークショップで、ブログライティング・Webマーケティング・親指シフトなどについて東京・大阪で定期的に開催されています。

そもそも ものくろさんとの出会いはツナゲルアカデミーでご一緒しているから。

そのご縁でブログ「ものくろぼっくす」を読むようになり、ワークショップに参加された方の記事を読んでいたりするうちに、この方なら信頼できそう、安心していろいろ聞けそう、と思えてきて、一度ワークショップに参加してみよう!思うに至りました。

こういう時のご縁というのはすぐに機会が巡ってくるものですね。

別件で東京へ行こうかと考えていた日に「ものくろキャンプ」が開催されると知ったので、早速申し込んでみました。

テーマは「”日記を読まれるエントリーに変える” − あなたのブログをその場でアドバイスするワークショップ」

2014年10月5日。
東京で開催された「”日記を読まれるエントリーに変える” − あなたのブログをその場でアドバイスするワークショップ」に参加してきました。

前ブログが完全なる”日記”だった私には、このテーマに ぐいっ! と惹かれるものがあったのです。

ブログをリニューアルした今考えてみるべき絶好のテーマだと思って申し込みしました。

ランチタイムをはさんで10:00~15:00まで、ものくろさんからの講義だけでなく、ものくろさんを含め参加者全員でディスカッションしたり、午後からは学んだことをその場でブログ記事に書いてみたり、それについての感想を伺ったりと、少人数ならではのとても中身の濃い時間でした。

一番響いたのは、参考図書として紹介されていた 馬場章夫さん著「ごめんやす30年」

わかりやすい上に、読みやすく、ひとつひとつの記事がちょうどいい長さで、とてもいいお手本だと思いました。

こんな文章が書けたらなぁ・・・

まだまだひよっこな私は「書くこと」で精一杯ですが、ブログを書いてゆく上で「なるほど!」と思ったことも多かったので、これから少しずつでも実践していきたいと思います。

ものくろさん、梅さん、参加された皆さん、ありがとうございました!

とても勉強になりました!

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。