岡部明美さんの第10期LPL(ラビング・プレゼンス・リーダーシップ)養成講座がはじまりました 

岡部明美さんの第10期LPL養成講座がはじまりました。

LPLとは「ラビング・プレゼンス・リーダーシップ」の略で、愛と共に人の心に寄り添い、相手の中にある「答や真実」「本来のいのちの輝き」に出会うサポートをし、相手の中から「愛と意志」「新しい選択」が出てくるようなサポートの仕方を学ぶ講座です。

2015年のびわ湖ワークショップに参加した3日間の体験を通して、自分がやってみたいこと、天命・ミッションはこれかもしれない気づいたんですよね。

学んでんできたアドラー心理学も活かしつつ、森で「いのちの輝き」を探していくサポートができたら… まさにLPLの目的とするところと一致する! と感じて受講を即決しました。

受講費を払う前にはさすがにひるんだけど、魂がね、「何迷っての!迷うところ違う!!」って言うんですよ(笑)
えいや!と、清水ダイブしました。

20160519_101119756_iOS

その第1講が2016年5月14・15日とあり、受講してきました。
いよいよ始まった!という期待と、私がこの場に来てよかったんだろうかという戸惑いと、やっていけるんだろうかという不安が入り交じる微妙な感覚でスタートしました。
でも、「間違った!」という感覚はなかったので、善しとします!

初日にいきなりのカウンセラー体験では頭ん中真っ白!
クライアント役さんの最初の言葉以外は、何を話したかまったく記憶にない!
まさに「ぶっ飛んだ!」という感じでした。
自分自身もカウンセリングをほとんど受けたことがないので、何がなんだか・・・(苦笑

それでも、後から振り返りができるような「はっ!」とする言葉をシェアタイムでいただき、その時感じた心境を客観視できたんですよね。
それだけでも驚きでした。

さらに、否定的な言葉を聞くと、問題を解決しようとする方だけ向いて、自分のイヤーな感じに向き合おうとしないんだ、私って とか、「逃げる」という言葉が適切かどうかはわかりませんが、そんな感覚も味わいました。

小学生や中学生の時、嫌われものだった時の自分はこんなんだったよなぁと思い出しましたよ。

こんなにいろんなことがたった1日で芋づる式でズルズル出てくるとは。
自分でも驚きです。
おかげさまで、初日の夜はほぼ眠れなかったー(苦

こんな自分をしっかり癒すためでもあるんですよね。参加を決めたのは。
自分の中で「なかったこと」「忘れたこと」にしている「未完了の感情」があるのはわかっているんです。
それなりに傷ついて生きてきましたから。
まずはそこをしっかりと癒していきたい、完了させていきたいなと思っています。

7ヶ月という長丁場ですが、講座に参加している日だけでなく、7ヶ月間毎日が気づきと学びの連続になるような感じがしています。

自分の未完了の感情を見るのは怖くもありますが、なんかそれも魂が望んでいるような気がするんですよね。

もうええやろ。フタせんでも。全部出してまえー

そう言ってる気がするんです。
だから、どちらかというと魂は喜んでる気がするんですよね。
なんかいぢめられてるかな私(笑)

でも、それも「私」ですからね。

不安やら、戸惑いやらいろんな感情を抱えながらも、自分のやってみたいことに大きな一歩が踏み出せた。
第1講が終わって、今はそんな感じです。

7か月後の自分がスゴイことになっているだろうとも感じています。
どう「スゴイ」のかは、まだ言葉やイメージはないんですけどね。
どうなっているのかも、楽しんでいきたいですね。(^ ^)

明美ちゃんはじめ、サポートしてくださっている認定講師の方やスタッフのみなさんの「在り方(Being)」も素晴らしいんですよ。
居心地がいい空間でもあるので、居るだけで自分がオープンになれていくのがわかります。

ご縁あって繋がったみなさんと一緒に、7ヶ月間じっくり自分に向き合っていきたいと思っています。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です