気が重いことに取りかかろうと、なんとかヤル気を奮いたたせ、取りかかろうとした矢先にヤル気をくじかれて「イヤ~な思いをした!」という記事を書きました。

ヤル気を起こさせようとして、失わす「勇気くじき」 されてわかった 「やろうと思ってたのに!」という不快感ーアドラー心理学  | 風の森遊

こんな状況は親子や家庭内に限らず、職場でもどこでも日常によくある光景だと思います。

言いたい側には相手に「やって欲しい」という気持ちがあるのはよーくわかります。
私も言いたくなります。

でも動こうとした相手に非難の言葉を浴びせても、せっかく奮い立たせたヤル気をしぼませるだけで、良い方向に進むことはほぼありません。

こんな時、言いたくなった側はどうしたらいいんでしょう?

IMG_8967

『相手の行動を見守る』

どんなに「できていないこと」「やれていないこと」が、目についても、気になっても指摘しません。
黙って見過ごす。
相手の「気になる」行動には注目しないように、反応しないようにするんです。

え?!それができないから、つい口が・・・
と思いますよね。
でも、あなたが言いたいのはなぜですか?

そこには「言いたい側」の考えしかない とお気づきでしょうか。

「やる」のは誰でしょう?

やる側にはその人なりの考えがあり、ペース、時間感覚、やり方があるはずです。
それがあなたに見えていない、わからないだけ。
それを尊重せず、言いたい側の考えを一方的に伝えようとするからおかしなことになると思うんですよね。

やる側(言われた側)が不快になるのは自分の考えを認めてもらえてないからなんだと思います。
少なくとも私はそう感じました。

言いたくなった時には相手にもやり方があるのだと信頼してみましょう。
「やる」側もやらなきゃいけないのはわかってるんです。
わかっているけど、なかなかヤル気が湧かないから取りかかれないでいるんです。
そこは「やる」側の課題ですよね。

そのうち重い重い腰を上げる、その課題をやれる力があると信じる。
それがあなたにできる最大の応援だと私は思います。

もしかしたらあなたの気づいていないところで終わらせているかもしれないし、「今」やろうとしている矢先なのかもしれません。
言いたい言葉をぐっと飲み込んで、言わなければ、相手を不快にさせることはありません。
相手のペースにあわせることにもなります。

「見守る」って簡単に書きましたけど、これ、とっても難しいです。
覚悟もいります。
忍耐もいります。
アドラー心理学の実践てホント大変です。

でもこんな言葉をかけられたら、あなたはどう感じますか?

「困っているように見えるけど、良かったら話を聞かせてくれないかな?」

相手を信頼していれば、おのずと言葉も変わってきます。
少なくとも、「いつやるの?!」よりはいいですよね。

どうしても言葉をかけたくなったら、「相手にはできる」という信頼を置きながら、できないかもしれない「未来」ではなく、「今」に注目してみるのも手です。

起こるかもしれない未来に先回りしてあれこれ言ってしまうと「こと」を複雑にしがちなんですよね。

『世界はどこまでもシンプルである』

「嫌われる勇気」の冒頭にこんな一文がありましたね。

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。