7月25日といえば、ダーリン・ケニーの再誕生の日。

今年で3歳になりました☺️

3年前のあの日のことは今でも忘れることはできません。。。

読み返して、1人で滝涙&滝鼻水😭
(この時文章にしておいてよかったなぁ…)

3年経って思うことは、命はいつ何時、終わってしまうかもしれないという儚い側面もあるけれど、生きようとするそのパワーに感動しかないこと。

ケニーの心臓は前触れもなく(本当はあったかもしれないけど)突然止まりました。

けれども、たくさんの人に助けられて、今は以前と変わらぬ日常を過ごせています。

その過程には、ケニー自身の復活への根気ある努力もありました。
全く動かなかった左手のリハビリは相当努力もしていました。

でもね。
私が感動しているのは、生命の自然治癒の力なのです。

自然治癒の力、体が治ろうとする力を適切にサポートすれば、人の体はここまで回復するんだということを、この3年間近で見せてもらいました。

わたしにとって、この3年のケニーの姿は驚きと感嘆でしかありませんでした。

心臓は再び動き出してはくれたものの、心臓の機能回復のため、行動を制限された入院生活で、一時は70〜80歳の老人のような後ろ姿でした。
この人はこのまま朽ちていくのかも…と思ったこともありました。

けれども、なんの、今や実年齢よりも若く見えるし、当時のことを知らなければ、心肺停止して長期入院・療養していた人にはとても見えない元気っぷり。

今年に入ってからは、テント泊山行や、かなりハードな日帰り山行もこなし、倒れた年にはわたしより体力なかったのに、あっさり抜かれて、以前ほどではないけれど、それでも現役バリバリで登山を楽しんでいます。

生命力。

その一言で片付けることができないほどのパワー、生きようとする生命の姿を見せてもらって、誰にでも体験できることではないこの貴重な体験は、わたしの価値観を確実に覆してくれました。

生命の力、自然治癒の力を心底信頼できる。

自分のがん体験においても、ケニー再誕生の姿は、治癒に向けての考え方のベースになっています。

諦めない。

生命の力、自然治癒の力を信じて、それを助ける生活をする。

わたしが病気に対してできることは、究極これだけだなと思います。

この考えをベースに、日々選択&実践の自分の体を使った実験中。
それが治療、治癒の道だと思います。

3年前はとにかく必死で、あまり深く考えることはできなかったけれども、自分のがんだけがギフトではなく、ケニーの心肺停止体験から繋がってるんだなぁ、この体験も自分にとってはギフトだったなぁと思います。

そしてね。
この3年の体験-ケニーの心肺停止、自分のがん発病、再発-というギフトを、世の中に還元したいと思うようになりました。

世の中には、病気で、特にがんで苦しんでいる人がたくさんいます。
患者本人だけでなく、家族も。
その治癒の過程の一助になりたいと思うようになりました。

治癒の方法は、山ほどありますが、その中でわたしができるのは精神的、心理的な側面だと強く思っています。

体と心は繋がっているからね。

体だけのケアでは片手落ちだと思うんです。

自分のためもあるけれど、今、さまざまな心理療法を学び、実践しています。
自然治癒力をベースにしてね。

あ、もちろん、森も、ヒーリングも使いますよ。

森林セラピーはNK細胞活性のエビデンスもあるからね。

ヒーリングにはわたし自身がめちゃめちゃ助けられてきたし。

ずっと、森×心理の方向性を探ってきたけれど、ここに「がん」という要素が加わって、自分の向かう方向性が明確になってきたなと感じています。

森(自然)×心理×がん のセラピー、ヒーリング。

これを自分の中に感じると、自分の中に1本の軸が通ったような感覚があるんです。

そうね。
真っ直ぐ空に向かって伸びているヒノキやブナの大樹のように。

ここまで来るために、3年前の体験は必要だったし、この3年で体験してきたことすべてが今に、そして未来に繋がってる感覚があります。

そう思うとムダなことなんて1つもない。

毎年巡ってくるこの日は、ケニーの再誕生を祝い、何ひとつあたりまえではないことを再認識し、噛みしめる日であり、自分の軸を再確認する日なんでしょうね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。