わたしがブログに書いておきたいもの。

それは、自分の中から本当に書きたい、残したい、伝えたいと思ったこと。

感動したこと、すごい!と思ったこと、心が動いたことを、自分の文章で残したい。

それが自分の、ブログを書く源動力だなと思う。

そして、その書くタイミングが訪れるまで、自分の中で、どれだけ時間をかけて熟成させてもいいんだな。

今までたくさん体験してきた旅やさまざまな体験の記事、全然記事にできてないんだけど、書く内容がね、いわゆる旅記事の内容じゃないんだなとわかった。

旅や体験の情報を提供するのも大事。

でも、それはメインじゃない。
書きたいメインじゃないんだな。
だから、それらだけを書くことに違和感があって、ずっと書けなかった。

わたしが書いて残しておきたい記事。
それは、そこで何を感じ、何に心動かされたか。

それを写真と文で残したい。

それが言語化できるまで、記事になるわけないんだな。

だから、それが自分の中で熟成され、価値を持ちまで記事にはなるわけない。

わたしが感じたことがメインであって、いわゆる旅の情報はオマケでいい。

はは😅
わかっちゃったら、旅や体験の記事を書けない自分にOKがでた。

もう何年も、書きたいのに書けないことが引っかかってたけど、「なんで書けないんだろう?」じゃなくて、「書かないことで得ているメリットは何なんだろう?」と探っていったら出てきたよ。

OSHOさんにも助けてもらってね。

今までは、熟成されるのを待ってたけど、ゆくゆくは、感じたその場で文字化できるようにはなりたいね。

だって、感じたその場が一番熱量があるもの。

その熱量を、その熱量のまま言語化できるようになるためには、やっぱり書き続けるトレーニングも必要。

感じたそのままを先送りすることなく、その場で文字と写真に落とし込む。
そしてその熱量のままシェアする。

やってくるすべてのことに対して、そのくるがままに全面的に応じるコツを覚えること(中略)一度に一歩ずつ生を歩むこと、一歩ごとに欠けることのない注意とエネルギーを注ぐことが、あなたのするすべてのことにびっくりするほどの新しい活力と創造性をもたらします。

いや、ほんとにー
今のわたしが目指す生き方そのもの。

TOTALITY

そして、それがMATURITYに繋がってゆく。

わたしがブログに書いておきたいものを見事に象徴してくれてます。

わたしの体験を通して、知らない人へブログを通して橋渡しする。

そんな自分の役目も明確になってきましたね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。