いつもはiPhoneで、右手フリック入力でブログを書いてます。

ところが、最近その右手、特に右腕が痛くて、書くことが億劫になることが多いのです。

とりあえずの対策でタッチペンを使ってみてたけどそれでも痛くて。

そこでものくろ師匠に相談したところ、左手で書いてみたら? という、冗談みたいな提案がありまして、この記事を左手フリック入力で書いてみてるところです。

慣れないことをするのは大変ですが、キーボード入力でローマ字入力から親指シフト入力に変えた経験から、ストレスを感じるのは最初のうちだけとわかっているので、まずはやってみよう!とチャレンジ中。

ローマ字入力から親指シフトに変えるよりは、慣れるのは早そう。

だって、キーボード入力の時は左手も使うわけだし、iPhoneの入力画面自体は変わらないからね。

こうやって左手フリック入力してると、脳の違うところを使ってるような感覚で面白い!

これで慣れたら、iPhoneへの入力が左手も使えるようになり、両刀使い!

両手フリック入力もできるようになるかも。
やったぁ!(笑)

そうしたら、どちらの手だけに負担をかけることにはなくなるしね。

世の中には左利きの人もいるわけだし、やってやれないことはないよね♪

ここまで10分くらい。

これで少しは右手を休ませることができるようになるといいな。

追記

この記事を書いてみたあと、左手で入力しながらも右腕に体重をかけていることに気づきました。

これ、わたしの体のクセだと思ったんです。

同じことを右手で入力しているときもやっているなら、右腕で体重を支えつつ右手で入力してるって、腕にとってはかなりの負担なんじゃないかな。

これは左手で入力練習してみる価値はかなりあるかも。

さらに、右腕、右肩に体重をかけるクセは左腰だけにある腰痛の原因かもとも思えてきました。

右腕への体重負担を左腰でバランスをとろうとする。

フムフム。

左手フリック入力の練習は意外な効果を発揮するかもしれないですね!

しばらく練習を継続してみようと思います。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。