入院から1週間、手術から5日目、ICUから出て3日目。
いろんな動きがあった日でした。

昼食から経口摂取再開

土曜日から「月曜日の昼から経口摂取になりますよー」と言われてたので超楽しみにしてた今日のランチ。

胃には栄養が入ってお腹は満たされてたものの口から食べるのは5日ぶり。

口から食べたり飲んだりすることを5日も止めてたのはもちろん人生初。

日常生活でこんなことする機会なんてないから当然と言えば当然ですが。

水も飲んでないですからね。

口をゆすぐことも禁じられてました。
傷口開いちゃうんでね。

口腔ケアは、うがい薬をスポンジブラシにつけて歯磨きして、吐き出すだけ。

なんとも貴重な5日間でした。

(ICUにいた3日は痛みで口に何かを入れたいという欲求すらなかったけど)

朝から口をゆすぐことも許され、心待ちにしていたランチ♡


ミキサー菜。
茶碗蒸し、湯豆腐鍋、長芋の煮物、佃煮。

見た目は何がなんだかさっぱりわからない!(笑)

看護師さんに聞いたら、作った後で全部ミキサーにかけて滑らかにしているそう。

今の私にはこれしか食べれないのだよ。
全粥は食べにくかった。
この粒でも痛いのよ。

でもね。

味があることに感動!!!(涙)

味を感じられることって、こんなに幸福感があるだー!
初めて知った!!

五感の中で、味覚ってあんまり意識してなかったんだけど、味わえるってなんて幸せなのー♡

あまりの幸福感に思わず爆食い(笑)

夢中で食べたよ。

あまりに夢中になって食べたから、後で舌が痛くなっちゃったけど。

こんなドロドロの食事だけど、味わって食べれるって、こんなにも“食べること”にフォーカスさせるんだね。

“味わえること”、“口から食べれる”ことをあたりまえだと思い、いかに今までなおざりにしていたか。

味覚を感じられない。
味わって食べれない。
って、どれだけ食べる意欲を削ぐんだろう。

失ってみて、初めてわかるってこういうことだね。

味わって食べれるって、なんて幸せなことなんだろう。

自然と感謝の気持ちが湧いてくる。

『ありがとう』

食べ物としていのちを捧げてくれた生き物たち。
その生き物たちを育んでくれた自然と、生産者のみなさん、そして流通に携わった人、調理してくださった人…
この目の前の食事に関わったすべてに深い深い感謝の気持ちが湧いてくる。

このリレーがあるから、わたしは生きていられる。

「食べることができる」と「生きていられる」は、繋がっている。

食べるモノにフォーカスされることは多いけど、「味わって食べられる」ことがどれだけ「食べること」に幸福感をもたらしているか、身をもって知った。

この幸せな感覚と深い感謝をしっかりと身体に刻んでおこう。

この日は他にも書きたいことがあるけれど、長くなったので、その2に続く。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。