カレンダーを見て、はっとしました。

もう、3月も終わるんですね。

気がついたらこんな日付になっていた。

とても静かな心持ちの今、今日までの毎日を振り返ると、わたし何やってたんだろうと思えてしまう。

これで良かったのかなぁ。

ここまでの道、これで良かったんだろうか。

どこかへ向かう登山道の途中で、立ち止まって上を見上げているような、そんな気分。

この道はどこかには通じているんだろうけれど、このルートで良かったのか と一抹の不安になる時がある。

目指している目的地は明確だし、登山道も1本しかない。

それでも、誰にも会わない森の中にいると、自分がここを歩いていていいものか、不安になる時がある。

そんな時の気持ちに似ているかな。

それに加えて、その気持ちのまま、ここにいたいと思う。

リアルな山なら、そのままいたら日が暮れてしまうので、それは自分を危険に晒すことになるから、どんなに歩くのがイヤでも、歩くけど。

ここは暗くて深い森ではなくて、明るくて、空も見えるし、居心地は悪くない。

鳥達の声と、風の音と、遠くから沢の音も聞こえる。

でも、誰もいない。

ここに留まって、佇んでいたい。

ただ、それをしたいだけなんだろうな。

この森の中に、道は1本しかないけれど、今はこの先に進み続けるタイミングじゃない気がする。

この森の中に、入ってきたのは、最近ではなく、もっと前だった気がする。

だから、3月31日という日付に驚いた。

なんか必死になって登ってきたけどさ、一度来た道を振り返る時なのかも。

木が多くて、隣の尾根が見づらくて、高度がわかりにくいけど、かなりの時間をかけて歩いてきたから、そこそこ歩いているとは思う。

でも、そもそものんびりペースなわたしなら、そんなに登ってきてないのかも。

そんなことも思う。

ふぅ。

腰を下ろして、空を見上げて思う。

自分のペースじゃなかったな と。

誰かに追いつき追い越せ。

あそこまでコースタイムどおりに着かなくちゃ。

何かに急かされるように、来たのかもしれない。

今までわたしが、コースタイムどおりに歩けた試しがあるのか?(笑)

いつもコースタイムの1.5倍はかかるじゃないか。

その自分を見失ったまま歩き続けたらバテるに決まってる。

山登りは誰かとの競争ではない。

少なくともわたしにとっては、時間を気にして歩くことに楽しみはない。

人の何倍ものんびりだって、道端に咲く小さな花や、聞いたことのない鳥のさえずり、頬を撫でる風、ひとつひとつに気づいて、心を動かしながら登ってる時が何より楽しい。

誰かと競うように、頑張って、登ったって何にも楽しくない。

そう。

今、自分の道を歩いていて、全然楽しくないんだよ。

歓びがないんだよ。

だからこれでいいのかと思ってしまう。

どんなに険しくて苦しい道でも、しんどくても、そこに面白い、楽しい、があれば登れちゃうんだよ。

それが、今ない。

今は、歩いていることの楽しさがない。

気がついたら、何かに急かされるように登っていた。

こんなんじゃ、このペースじゃ、目的地に辿り着くまで体力もたないよな。

うん。

今は、立ち止まって、ここに留まっている必要があるんだ。

だから、それを意識して選ぼう。

登山には撤退する勇気も必要。

前に進むことだけが結果を生むわけではない。

山頂を目指すことが必ずしも自分にとってベターじゃないことは、自分が一番よく知ってる。

自分の体力をわきまえて、山頂を前に、それ以上進まなかったことだって、いくつもあった。

それでも、その時の自分に満足できてるんだよね。

他の誰に、信じられんと言われたって、笑われたって、馬鹿にされたって、わたしにはとても印象に残る いい山だったりする。

というより、そっちの方が印象に残ってる。

だから、コースタイムだったり、誰か他人であったり、自分のペースでないものに合わせなくてもいい。

まずは、それを許そう。

マイペースでいいんだよ。

自分以外のものに合わせることは止める。

自分の心地良さを最も信じる。

それを何と言われようが、気にしない。

それぐらいには図太くいられる(笑)

だから、今ここで留まって、空を見上げて佇んでいてもいいんだ。

それは、意味ある佇み。

必要があるから、そういう気持ちになっている。

そう思えば、この佇みは楽しめる。

そして、心ゆくまで佇んで、動きたくなったら動けばいい。

それがどんな方向だって構わない。

たとえ、山を下ることになっても。

目的地に通じる道は、今の道じゃないかもしれないしね。

もしかして、道が1本というのも思い込みなのかもしれないね。

ま、今目の前にある道が間違っているとは思えないけど。

今は、ここに居て、ここに留まって、ここに佇むことを、ただ自分に許そう。

そして、何者にもとらわれず、来た道を振り返ってみようと思う。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。