怒濤の11月が終わります。

昨年も同じようなこと言ってた気がしますが、今年もまたハードだった!

月の半分、15日家に居ませんでした。

スケジュールがハードなのは承知の上だったんですが、そこに事故に遭遇。

出先の滋賀で出会い頭事故に遭い、愛車は全損。
わたしのケガは大したことはなかったんですが、相手の方は肋骨にひびが入るケガを負われました。

家にほとんどいないところに、事故処理と新しい車の手配が加わり、てんやわんや(汗

さらに、夫氏の不調・検査入院、さらにさらにリハビリに行った病院でよろけて捻挫して安静2週間…
まぁ次から次へと、忙しくなる一方で(苦笑

もちろんこの間でキッチリと12期LPL養成講座 最終講の準備もしてましたよ。

ここまでいろいろ重なると、さすがに体にガタがきて、ギックリ腰寸前まで腰と背中が固まっちゃいました(滝汗

と、まぁ、ブログが書けなかった言い訳を書き尽くしたところで(笑)、今日で怒濤の11月も終わり。
明日、12月から、またブログの継続投稿するよ〜という宣言です!

どれだけコケても、どれだけ継続投稿できなくなっても、何度でもスタート地点に立ちます。

わたしにとって大切なのは、連続投稿することでもなく、PVを上げることでもない。

「ただ書き続けていく」ということだけ。

「途中で投げ出すという」自分のパターンを、書くという「行動」で乗り越えたいんだよね。

それに、書き続ける先に何があるのか見てみたい。

何か明確な目標や目的があるわけじゃないけど、止める気にはなれないんだよね。

だから何度止まっても、気がついたらスタート地点に立ち直すだけ。

何度スタート地点に立ち直しても、全く同じスタート地点ではないのはわかってる。

少しずつでも成長は感じるんだよね。

そこは嬉しいところかな。

とりあえず、怒濤の多忙期間は終わりに近づいてるから、月の変わり目を機会に気持ちを切り替えていく宣言でした!

明日からの12月は、ブログ書くよー!

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。