バタバタとしていると毎日のようにやってくる郵便物の山ができる。

家を空けがちだと、その山も高くなり、帰宅してから一気に片付けることになる。

その山に積まれた郵便物を見ていて目が輝いた。

そっか。
12月は誕生月じゃないか♪

そして今年はLv.50になる。

気分はいつまでも20代だけど、改めて数字を見ると感慨深いなぁ。

生まれて半世紀経つのかぁ。

小さい頃、喘息持ちで、ひ弱で、ガリガリに痩せ細っていたわたしは、しょっちゅう喘息の発作を起こし、夜間救急で病院に駆け込むのはあたりまえだったらしい。
そんなわたしを見ていて、母は心細かったんだろう。
小学生ぐらいになって、元気に日常を送れるようになった頃、母が何気なく言った言葉がわたしに刺さった。

『おまえは長く生きられないと思ってた。大人になれないかもしれないって思ってた。』

この言葉が呪いのように刺さり、わたしの中で木霊した。

でもこの呪文を採用し、唱え続けていたのはあくまで「自分」。

自分に向けて何十年と唱え続けることを選んだのはわたし自身だった。

そのことに気づいたのは、心の学びをはじめてから。

この呪文を採用したメリットがたくさんあったし、この呪文が原動力となって生きてこれた。

この呪文があったから「なにくそ!」と頑張ってこれたし、50年生きることもできた。

50年て、昔の人の寿命超えてますよね。

昔の人からすれば、「50年生きてるの?!」って驚愕の事実だと思う。

世の中の進化は劇的だけれど、生物の進化はそんなに劇的じゃない。

「ヒト」の寿命はそもそも50年もしくはもう少し短いと言われてます。

現代の長寿は、医療や食が良くなったから長く生きていられるだけ。

生物としての「ヒト」の寿命は、そんなに延びてない。

だから、「50年生きた」ってことは、生物として寿命は生き尽くしたってこと。

だからこそ。

まずは、50年生きてこれたことに心から感謝したい。

そして、これから先、「やりたいこと」を思う存分やれる人生を生きたい。

「やりたいこと」は、些細なことなら山ほどあるけど、やっぱり自分の「天命」を生きること。

自分の「天命」を生き尽くしたい。

それが一番の「やりたいこと」。

やっと繋がって明確になってきたんだよね。
自分の「天命」が何か って。

まだまだ探求は続くけれど、「生かされている」という感覚を大切に、このいのちを使っていこうと思う。

わたしには、わたしにしかできない今生のお役目がある。

今年1年はとことんそれを体感するための出来事が続いたもんな。

そう実感できてるからこそ、生きることの意味、これから生きてゆくことの意味を身に沁み込ませてゆくような誕生月にしたいと思う。

師走っていうぐらい、毎年12月は忙しいけれど、今年は少しは落ち着いて、地に足着けて過ごせる気がするな。

「天命」というキーワード、「天命」って何? って気になった方は、この本がオススメ

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。