自分と深く向き合いながら未来を描く – 20171107

LPL養成講座の最終講に向けて、最後の課題に取り組んだ1日でした。

最終講はプレゼンテーション・ステージ。
課題は、その資料作りです。

と言っても、パワポでスライド作ればいいというものではなくて、作っていくプロセスがとても大切だと感じているんです。

今までの課題以上により深く自分と向き合いました。

自分の人生をどう歩きたいのか。
どう行動すればそれが実現するのか。
それが実現したら、次は何ができそうなのか。

何度も何度も自分に問いを立て、対話を繰り返す。
セルフコーチングですね。

自分の内側から湧いてくる答えを、人生という時間スケールの中に具体的に落とし込む作業を1日中やっていました。

昨年も作っているので、一から作るわけではないので見た目は変わらないんですけどね。

それでも、それなりに時間はかかりました。

抽象的なイメージを具体的な現実に落とし込むのが苦手なので、まだまだ詰める必要はあるけどね。
まずは形になりました。

おそらく、最終講の後も、詰めて細かく落とし込んでいく作業は続くでしょう。

今日の作業も、この後の作業も、パートナーは逆算手帳です。

人生というおおまかな時間から、今日という現実まで、砕いてくる作業にはとても向いています。

逆算手帳のプランニングはまだこの次のステップですけどね。

その前に、いよいよ明後日から最終講。

全力でやりきります!

今読んでいる本

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:記事
100円貯金:00円 累計00円

via PressSync

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です