東京オリンピックをめざしての1000日チャレンジの最初の10日が終わりました。

10/1000日。

数字にしてしまうと小さく見えますが、10日続いたんですよ!
できた!できた!

まずは、できたことを認めてあげて、自分を褒めてあげる。

その心地よい感覚を身体の隅々まで広げて、しっかり味わう。

↑これ、実は今回のチャレンジではじめてやってることなんです。

アタマで、数値で、「できたね」って見るよりも、体感で味わう方が嬉しいっていうのが、今回はじめてわかりまして。

子供みたいなんですけど、なんだかとっても心地いい感触なんです。

まるで小さい子がお母さんに褒められているように、自分が喜んでるのがわかるんですよね。

面白い♪

喜びの感覚、嬉しい気持ちを身体中の細胞ひとつひとつで感じ尽くして、染みこませてる感じです。

細胞に記憶させている、そんな感じがして、楽しいです。

これを積み重ねるとどうなっていくんでしょうね。
それも楽しみ♪

誰かに褒めてもらおうと思うと、
頑張らなきゃ!とか、
褒めてもらえるようなことしたかな? とか、
こんなことで褒められるわけないじゃん!
っていう気持ちが起きてくるかもしれません。

でも、自分で自分を褒めるのは簡単です。

誰の手も借りなくていいし、誰の承認もいりません。

自分で、自分を認めてあげるだけです。

超カンタン!

やってみてくださいね。

今読んでいる本

今日から新しい本だよー

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:1記事
100円貯金:100円 累計1300円

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。