どんなに小さいことでも自分で自分を褒めてあげよう その嬉しさを身体に染みこませいく感覚が心地いい – 20171106

東京オリンピックをめざしての1000日チャレンジの最初の10日が終わりました。

10/1000日。

数字にしてしまうと小さく見えますが、10日続いたんですよ!
できた!できた!

まずは、できたことを認めてあげて、自分を褒めてあげる。

その心地よい感覚を身体の隅々まで広げて、しっかり味わう。

↑これ、実は今回のチャレンジではじめてやってることなんです。

アタマで、数値で、「できたね」って見るよりも、体感で味わう方が嬉しいっていうのが、今回はじめてわかりまして。

子供みたいなんですけど、なんだかとっても心地いい感触なんです。

まるで小さい子がお母さんに褒められているように、自分が喜んでるのがわかるんですよね。

面白い♪

喜びの感覚、嬉しい気持ちを身体中の細胞ひとつひとつで感じ尽くして、染みこませてる感じです。

細胞に記憶させている、そんな感じがして、楽しいです。

これを積み重ねるとどうなっていくんでしょうね。
それも楽しみ♪

誰かに褒めてもらおうと思うと、
頑張らなきゃ!とか、
褒めてもらえるようなことしたかな? とか、
こんなことで褒められるわけないじゃん!
っていう気持ちが起きてくるかもしれません。

でも、自分で自分を褒めるのは簡単です。

誰の手も借りなくていいし、誰の承認もいりません。

自分で、自分を認めてあげるだけです。

超カンタン!

やってみてくださいね。

今読んでいる本

今日から新しい本だよー

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:1記事
100円貯金:100円 累計1300円

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です