2年続けて学んだLPL養成講座も間もなく修了。

やっと課題図書から解放されて、読みたい本が読めるー! 積読タワーを減らすぞ!と、意気込んだのも束の間。

アドバンスコースでも課題図書があって「ウソー!」と悲鳴上げたのはわたしです(笑)

Amazonでは在庫ナシの本も多かったので、hontoから取り寄せ。

積読タワーはますます高くなってしまいました(汗

パソコン周りには本を入れたブックケースが山積みになっていて、ダンナ氏の冷たい視線が時々痛いのです。

ぼちぼち本棚作らなきゃまずいかも(滝汗

本は好きだけど、電子書籍がイマイチ好きになれないので、紙の本が増殖中です。

しかも、印象深い本ばかりで手放せるものの方が圧倒的に少ないのも増える原因になってますね。

いつか整理しなきゃと思いつつ、課題図書に追われている日々です。(言い訳)

さらに、課題図書として読んだ本は、どれも学びを深めてくれたり、新たな気づきがあったものばかり。

古本屋さんから取り寄せたものもあり、なおさら手放せず増える一方です。(笑)

でも、そこまでして手に入れて読んだ本はいいものばかり。

読んで良かった!と思える本ばかりでした。

良書に出会えると幸福度が一気に上がりますね。

いつになったら読みたい本が読めるかわかりませんが、少しずつ学びを深めていきます。

あぁ、森の本読みたいっ!(笑)

愛用しているブックケース

フタ付でホコリが入らないので積読用だけでなく、長期保存しておきたい本も全部これに入れて保管してあります。
さまざまなサイズがあるのでムダなスペースもとりません。

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:1記事
100円貯金:100円

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。