今日は12期LPL養成講座の自主トレのために、神戸へ日帰りしてきました。

今期は西日本の受講生さんが多いため、自主トレのため何回か神戸を訪れています。

神戸と言えば、ダンナ氏と付き合いはじめの頃、デートしに行った懐かしい場所なのです。

神戸の街にいると、あの頃の初々しい気持ちが思い出されて、いるだけで新鮮は気持ちになれるから不思議です。

毎回行くたびにワクワクしちゃう。

で、せっかく行くなら神戸を楽しまなきゃ♪ ってことで、毎回早めに行ってランチから楽しんでいます。

今日行ったのは、元町駅の南にあるパンケーキの専門店「ANGIE」


▲ ランチメニューから、「マルゲリータパンケーキ」をオーダー。
ほわほわのパンケーキにデリが2品、それにスープもついています。

プレーンなパンケーキも、できたら追加しようかなぁと思ってましたが、ランチプレートだけでお腹いっぱいになっちゃいました。

プレーンなパンケーキは次回に楽しみにしたいと思います。

関連ランキング:パンケーキ | 元町駅(阪神)元町駅(JR)みなと元町駅

美味しいランチの後は、受講生さん達とガッツリ自主トレ。

LPL養成講座も残すところあと2回。
11月には各コースとも最終講を迎えます。

最終講に向けて、受講生さん達にはにはさまざまな変化・動きも出てきていて、見ているだけで、みなさんホントに頑張っておられるなぁ と思うのです。

どれだけ真剣に自分に向き合って、前へ進もうとされてるんだろうと思うと、心の深いところから涙が溢れてくるのです。

その真摯な姿勢、学ぶ姿、向き合う姿を見ていると、いのちの花のタネが芽吹こうとする、そんな時に立ち会っているような気持ちになってきます。

長い長い冬の眠りから目覚めて、これから花を咲かすために発芽するその瞬間に立ち会っている。
そんな感じがしてくるのです。

自然界の植物のタネは、自らが発芽するタイミングをきちんと記憶していて、条件が整い、そのスイッチが入った時から自分の力で殻を破り芽を出します。

芽吹いても、花を咲かせるまでは晴れの日ばっかりじゃありません。

雨の日も、風の日も、嵐の日もあります。

でも、どんな環境でも、大地に根を張り、茎を伸ばし、葉を広げ、花開いてゆく、いのちの力を持っています。

LPLの受講生さん達を見てると、まさにその“いのちの力”を思い出し、自分という“いのちの花”咲かせるための、まさに発芽しようとしているんだよなぁ と、神聖な気持ちになってくるのです。

そんな気持ちでみなさんを見ていると、そのひたむきさに頭が下がります。

こうやって立ち会わせて、関わらせてもらえてるだけで、まるで澱んでいた水が澄んでゆくように、わたしまで透き通ってゆく感じがするのです。

関わらせてもらえることへの感謝と、それぞれの“いのにの花”への畏敬の念を持ちつつ、わたしにできることは、そんな受講生さん達を見守ること、安心して芽を伸ばせる場づくりなんだな と改めて思います。

11月の最終講まで、みなさんがどんな花を発芽させ、咲かせてゆくのか。

おひとりおひとりの受講生さんの姿を確かめるように見つめた1日でもありました。

終わった後の、神戸の夜景の煌めきが、いのちの輝きのように素敵だったなぁ。

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。