在来線を普通列車で長距離移動する旅スタイルが好きです。

ガタゴトと走る普通列車の音を聞きながら、ヘッドホンで好きな音楽を聴く。

移りゆく窓の外の景色を見ながら、ここにはどんな生活があるんだろう? と想いを馳せる。

線路脇で揺れる木々や花、田んぼや畑、直ぐ近くの家々からは息づかいが聞こえてくるよう。

そんなことをぼんやり考えながら、ただた電車に揺られている。

そして、そんなことを考えているんだな、感じているんだな わたし と気づく。

自分の想いに気づく。

こんな旅スタイルを10代の頃から続けています。

思えば、このスタイルがわたしの旅スタイルの原点なんだとも思います。

若い頃は「考えごと」をしていると思ってましたが、今思えば、自分と深く繋がっている時間だと思えます。

自分の中から湧いてくる考えや想いを感じる時間ですね。

この時間をとても豊かな時間だと感じます。

日常の通勤電車の中じゃあ、こんなこと考えてる余裕もなかった。

精々、今日は何から取りかかろうと考えるのが精一杯。

でなければ、「眠いなぁ」とか、「今日はしんどいなぁ」ってそんなことばっかり考えてたな。

疲れてたなぁ。わたし。

だけど、在来線で普通列車の旅に出て、流れゆく景色を眺めていると、自然と自分と繋がって、あれやこれやといろんな想いが湧いてくる。

同じ電車なのにね。

あえて移動に時間をかけてでも、こういう時間が自分にとって大切なんだろうなぁと思う。

日常生活の中にいると、なかなかこういう時間とれないもんね。

何もせず、ただ車窓を眺めて時間を過ごすことは、あくせく時間に追われて移動するよりも、はるかに豊かなんじゃないかと。

そして、こういう時間を持てること自体も、豊かだなぁ。

時には、あえて普通列車で長距離移動してみるのもオススメですよ。

今日もガタゴト電車に揺られながら、こんなことをとりとめもなく感じています。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。