在来線を普通列車で長距離移動する旅スタイルが好きです。

ガタゴトと走る普通列車の音を聞きながら、ヘッドホンで好きな音楽を聴く。

移りゆく窓の外の景色を見ながら、ここにはどんな生活があるんだろう? と想いを馳せる。

線路脇で揺れる木々や花、田んぼや畑、直ぐ近くの家々からは息づかいが聞こえてくるよう。

そんなことをぼんやり考えながら、ただた電車に揺られている。

そして、そんなことを考えているんだな、感じているんだな わたし と気づく。

自分の想いに気づく。

こんな旅スタイルを10代の頃から続けています。

思えば、このスタイルがわたしの旅スタイルの原点なんだとも思います。

若い頃は「考えごと」をしていると思ってましたが、今思えば、自分と深く繋がっている時間だと思えます。

自分の中から湧いてくる考えや想いを感じる時間ですね。

この時間をとても豊かな時間だと感じます。

日常の通勤電車の中じゃあ、こんなこと考えてる余裕もなかった。

精々、今日は何から取りかかろうと考えるのが精一杯。

でなければ、「眠いなぁ」とか、「今日はしんどいなぁ」ってそんなことばっかり考えてたな。

疲れてたなぁ。わたし。

だけど、在来線で普通列車の旅に出て、流れゆく景色を眺めていると、自然と自分と繋がって、あれやこれやといろんな想いが湧いてくる。

同じ電車なのにね。

あえて移動に時間をかけてでも、こういう時間が自分にとって大切なんだろうなぁと思う。

日常生活の中にいると、なかなかこういう時間とれないもんね。

何もせず、ただ車窓を眺めて時間を過ごすことは、あくせく時間に追われて移動するよりも、はるかに豊かなんじゃないかと。

そして、こういう時間を持てること自体も、豊かだなぁ。

時には、あえて普通列車で長距離移動してみるのもオススメですよ。

今日もガタゴト電車に揺られながら、こんなことをとりとめもなく感じています。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。