ここ最近、自分のシャドウ(自分の影・闇・暗いの部分のこと)を常に感じながら、毎日を送っています。

シャドウとはわかりやすく言うと、認めたくない自分の姿ですね。

こんな自分であって欲しくない。
こんな自分なんてイヤだ。
こんな自分なんて見たくない。
と、思えるような影の部分です。

例えば、誰かを責める言葉だったり、他人のせいにしてしまうような言葉、そんな言葉(考え)がぱっと浮かぶ。

すると、あ、こんな考えをもってるんだ、こんなこと思うんだ、と自分で気づくわけです。

そんな自分なんて、見たくもないのです。

口に出すことはあまりないので、他人に不快な想いをさせることはないのですが、(家族は不快な想いをしてるかも)、気づいた瞬間、いや〜な気分になってしまうのです。

このいや〜な気分をどっぷり味わいながら、毎日を送っています。

なんで、このこのいや〜な気分を打ち消さずにいるか。

それは、心の学びの中で、シャドウが現れた時こそ、自分を見つめる、内面を深めていく機会だとわかっているからです。

だから、どんなにいや〜な気分であってもその不快さを打ち消さず、そこに留まり、受け容れています。

そんな、イヤな自分もわたしの中にあるのよ。
そんな一面もあるのよ。

だって人間なんだもん。

でもね。
正直、とっても苦しい。

影の自分を認めることは、アタマでできてもカラダが反応する。

身体的な痛みがずっと続いている。

ただ、浮上して表面化してるってことは、この苦しさを越えていける証でもある。

苦しさの中から何が見えてくるか。

それが楽しみでもある。

あぁ、なんてドMなことやってんだろう(笑)

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。