自分の内側を深く見つめ出すようになってから、自分の中にビリーフを見つける感度が上がりました。

ある日の朝、はっ!として目覚めました。

時計を見たらまだ5時前。
いつも目が覚める時間よりもかなり早い時間です。

直前まで見ていた夢の中で、何とも言えない嫌な感覚に襲われて、目が覚めてしまったのです。

ありませんか?そういう経験。

ストーリーこそ思い出せませんが、目覚めてしまったときのイヤ~な感じは、実は前にも何度か味わったことがあるものでした。そう、繰り返し味わっているんです。

また、この感じ。。。

目覚めた瞬間そう感じると同時に、はらはらと涙がこぼれてきました。

そして、口から漏れそうになった言葉。

『やっぱりわたしの大切なものは全部持っていかれちゃう』

自分でびっくりしました。

あー。
これビリーフだぁ。

そう思うと同時に、過去に同じような感覚に包まれた「現実」も思い出して、またまた涙がこぼれてきました。

この感覚、あの時に感じていたものと同じだ。

そして、繰り返されている。
何度も何度も夢に見て、そのたびに同じような感覚に襲われる。

何よこれ!!

きっと、わたしこの想いにとらわれている。
自分の根底にこのビリーフがあるから、やってこなかったこと、できなかったことがきっと山ほどある。
コイツは大物だ。

そんなことを直観しました。

ビリーフとは、思い込みとか信じ込みと言われますが、深いところにあるものほど、そのビリーフがあるのがあたりまえで、それが自分だとガッツリと同一化してしまいます。

そう思い込まなければ生きてこれなかった戦略がビリーフですから、それがただの思い込みとは思えないんですよね。

タマネギの薄皮を剥くように、いくつもいくつもビリーフを見つけては解放してきましたが、まだ何かあるという感覚は残っていました。
やっと出てきたこの言葉。
出てくるのにおそらく半年近くかかっています。

やっと見つけたラスポス?!

ビリーフというと、ネガティブなイメージがあるかもしれませんが、解放した先には新しい自分がいて、新しい世界が広がることを体感しているので、探求・深堀りをやりたくなっちゃうんですよね。
だから、自分のビリーフを見つけた時にはつい掘りたくなってしまいます。

この、『やっぱりわたしの大切なものは全部持っていかれちゃう』という言葉の下には何があるんだろう。

気づいた以上はセッションで深めて、この根底にあるものを見たい。

コイツを解放したら… なんかとてつもないことになりそうだ。。。

完全に目が覚めたあとは、実はとてもワクワクしてきちゃいました(笑)

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。