昨日から腹痛と頭痛で朦朧としてました。
昨日は1日ほとんどを寝て過ごしました。

新月のデトックスかな?と思いつつも、正直辛かったー

今朝も腹痛だけが残っていたので、今朝はセルフワークしてみました。

昨夜もやってみたけど、気づいたら寝ちゃってできなかったからね。

で、身体のワークを使って、痛みの中に入っていくと、自分の領域を侵犯される驚き、困惑、戸惑い、怒りなんかが出てきた。

自分が安心していられる領域に、突然入ってこられる時の、瞬間的な反応も出てきた。

「邪魔するんじゃない!」
「入ってくるな!」

あー、これ普段でも他者との関係の中でやってるなぁ〜と。

「邪魔するんじゃない!」「入ってくるな!」って感じた瞬間に相手に刃を向けて、闘争モードになってる。

これ無意識にやってる。

相手にとっては闘争モードの人が目の前にいたらどうするか。

闘うか、逃げるか ですよ。

これじゃあコミュニケーションなんて取れないよね。
上手くいかないよね。

この無意識の闘争モードへのスイッチON!をどうするか。
どうしたらONにならないかを自問してみた。

「そーっと障子を開けて欲しい」
「入ってもいい? もしもーし? って言って欲しい」

自分でワークしながら、わたしってほんとこの防衛パターン持ってるんだなぁとしみじみ。

だから、自分の領域に突然踏み込まれると戦闘モードに入るのか。

わたしと同じ防衛パターンの人もきっといるよね。

今度からは相手を見て、立ち止まって、「入ってもいい?」って聞いてから、入ることにしまーす。

他者を慮るってこういうことだよね。

自分の腹痛からこういうこたえが出てくるんだね。

人間って面白い♪

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。