繰り返し繰り返し、気づくとやってることがあります。

それは、「他人をコントロールしようとする」「自分の価値観で他人をジャッジする」ことです。

先日家族と話していて、はっ!としました。

またまたやってしまった、コントロールとジャッジ。

そして、数日経ってからさらに気づきます。

コントロールしようとする自分、ジャッジしてる自分に気づいて、そこでやってました自分責め。

気づくまではいいんですけどね、そこでさらに、無意識に自分を責めてることに気づいちゃいました。

コントロールしようしてはいけない。
ジャッジしてはいけない。
そうしようとする自分はダメな奴だ。

コントロールしようとする自分、ジャッジしている自分に気づいたら、そこでそのまんま受け容れればいいのに。

コントロールしようとしていたんだな。
ジャッジしちゃったな。

って。

もっと言えば、コントロールしようとしてた自分を責めてるな。
ジャッジしちゃった自分を責めてるな。

って、客観的に見ればいいのに、すっかり取り込まれております。

見るべきは「コントロールする」「ジャッジする」という行為ではなく、その行為を自動反応的にしちゃう状況だったり、その時感じた感情そのものなんだよね。

何がどうなったから、コントロールしようとしたのか。
何があったから、ジャッジしちゃったのか。
その時何を感じていたのか。

ついついやっちゃう行為なんで、気がつくのも後から。

しかも気づいたらそこを掘り下げればいいのに、自分責めをしておりました。

いかんがね(笑)

自分を責めるってことは、前提として素の自分を否定してます。

コントロールしない方がいい。
ジャッジしない方がいい。
でもできてない自分、ダメじゃん!

とどのつまり、コントロールしたって、ジャッジしたっていいんです。
その元となってる反応がわかっているならば。

わかってないから繰り返し反応しちゃうんですけど。(笑)

あっ!と気づいた時こそ、掘り下げるチャンスなのに。
機会損失してますな。

今度こんな場面に出くわしたら、
『あーやってますねぇ。
いま自分の中で何が起きてますか?』
そう、自分に聞いてみようと思います。

ところで。

いま細切れ時間を使って読んでいる本がおもしろいのでご紹介♪

脚本家・旺季志ずかさんの最新作、『虹の翼のミライ』。

『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』も面白かったけど、『虹の翼のミライ』もすごく引き込まれる。
就寝前のリラックスタイムに読んでるんだけど、読んでいくうちにドンドンのめりこんじゃって、ドンドン目が冴えていって、ガシガシ読めちゃう。
これじゃ眠れないよ!って毎晩思いながら、それでも読んじゃう。
明日から読む本変えようかな(笑)

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。