ストーブに薪をくべながらいつも思う 存在しているだけでいいのだと

今日の1枚。
目をつぶって選んだのはこの写真。

オフィスにある薪ストーブの写真です。

冬になると、お世話になるわけだけど、薪ストーブに薪をくべる時に必ず思うことがあるんだよね。

それは毎日であっても、必ず思う。

この薪たち、つまり木って本当にすごいな。ってね。

だって、木としての姿はもうないわけですよ。

だけど、こうやって薪となって、わたしたちに暖をくれる。

さらに、燃え尽きて灰になってもなお役に立つ。

最後は分解され土となって新たな命を育む。

その見事な「いのちのリレー」「いのちの循環」に、樹木って素晴らしい存在だなって、つくづく思うんです。

木として存在しているだけなのにね。

わたしにそういう生き方、いのちを繋ぐ一端は担えているのだろうか。
とも、思います。

感謝と、尊敬の念を感じながら、薪をくべる。

そして、そうありたいといつも思う。

どんないのちも輝いているよね。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です