今日の1枚。
目をつぶって選んだのはこの写真。

オフィスにある薪ストーブの写真です。

冬になると、お世話になるわけだけど、薪ストーブに薪をくべる時に必ず思うことがあるんだよね。

それは毎日であっても、必ず思う。

この薪たち、つまり木って本当にすごいな。ってね。

だって、木としての姿はもうないわけですよ。

だけど、こうやって薪となって、わたしたちに暖をくれる。

さらに、燃え尽きて灰になってもなお役に立つ。

最後は分解され土となって新たな命を育む。

その見事な「いのちのリレー」「いのちの循環」に、樹木って素晴らしい存在だなって、つくづく思うんです。

木として存在しているだけなのにね。

わたしにそういう生き方、いのちを繋ぐ一端は担えているのだろうか。
とも、思います。

感謝と、尊敬の念を感じながら、薪をくべる。

そして、そうありたいといつも思う。

どんないのちも輝いているよね。

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。