今日の1枚。
目をつぶって選んだのはこの写真。

オフィスにある薪ストーブの写真です。

冬になると、お世話になるわけだけど、薪ストーブに薪をくべる時に必ず思うことがあるんだよね。

それは毎日であっても、必ず思う。

この薪たち、つまり木って本当にすごいな。ってね。

だって、木としての姿はもうないわけですよ。

だけど、こうやって薪となって、わたしたちに暖をくれる。

さらに、燃え尽きて灰になってもなお役に立つ。

最後は分解され土となって新たな命を育む。

その見事な「いのちのリレー」「いのちの循環」に、樹木って素晴らしい存在だなって、つくづく思うんです。

木として存在しているだけなのにね。

わたしにそういう生き方、いのちを繋ぐ一端は担えているのだろうか。
とも、思います。

感謝と、尊敬の念を感じながら、薪をくべる。

そして、そうありたいといつも思う。

どんないのちも輝いているよね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。