志賀高原でスキー 思わぬところで義父がいてくれたありがたさを知った日- 20180104

志賀高原に家族でスキーに来ています。

一昨年以来2年ぶり。
家族で来るのは3年ぶりです。

我が家のファミリースキーは3世代で、今回のスキーも今年77歳になる義母も一緒です。

昨シーズンは義父がなくなり、スキーどころではなかったので、久しぶりのファミリースキーになりました。

ところが、今まで義父が、どれだけサポートしていたのか思い知る日となりました。

義母は、スキーウェア一式が入ったカバンを持ってくるのを忘れ、板とストックは間違えて持ってきてしまったのです。

今までなら、車に荷物を積んだり、スキーのセットをしたりするのは全部義父の役割でした。

今回はダンナ氏が荷物やスキーセットを積んだんですが、義母が今までどおりの感覚でいたので、忘れ物や間違いが起きてしまったようなのです。

目で見て確認すればよかったものの、任せっきりの義母はゲレンデについてから気づくことになりました。

こんなところで義父がいなくなったことを認識させられるとは…
お父さんは本当にこまめに動く人でしたからねぇ
見えてないところでどれだけサポートしてくれていたのか。。

初日の今日はトラブル対応で終わりそうでしたが、なんとかレンタルでカバーできるものばかりでよかった。

今日滑りはじめたのは15:30過ぎで4本だけ。
しかもショートコース。

この4本で筋肉痛の予感。。(苦笑)

それでも、大好きなタンネの森なんでね、樹間のフカフカの雪を滑れただけ満足です。

今読んでいる本

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:1記事
100記事チャレンジ:6/100記事
100円貯金:100円 累計8200円

via PressSync

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です