志賀高原に家族でスキーに来ています。

一昨年以来2年ぶり。
家族で来るのは3年ぶりです。

我が家のファミリースキーは3世代で、今回のスキーも今年77歳になる義母も一緒です。

昨シーズンは義父がなくなり、スキーどころではなかったので、久しぶりのファミリースキーになりました。

ところが、今まで義父が、どれだけサポートしていたのか思い知る日となりました。

義母は、スキーウェア一式が入ったカバンを持ってくるのを忘れ、板とストックは間違えて持ってきてしまったのです。

今までなら、車に荷物を積んだり、スキーのセットをしたりするのは全部義父の役割でした。

今回はダンナ氏が荷物やスキーセットを積んだんですが、義母が今までどおりの感覚でいたので、忘れ物や間違いが起きてしまったようなのです。

目で見て確認すればよかったものの、任せっきりの義母はゲレンデについてから気づくことになりました。

こんなところで義父がいなくなったことを認識させられるとは…
お父さんは本当にこまめに動く人でしたからねぇ
見えてないところでどれだけサポートしてくれていたのか。。

初日の今日はトラブル対応で終わりそうでしたが、なんとかレンタルでカバーできるものばかりでよかった。

今日滑りはじめたのは15:30過ぎで4本だけ。
しかもショートコース。

この4本で筋肉痛の予感。。(苦笑)

それでも、大好きなタンネの森なんでね、樹間のフカフカの雪を滑れただけ満足です。

今読んでいる本

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:1記事
100記事チャレンジ:6/100記事
100円貯金:100円 累計8200円

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。