今年最後の東京滞在 最終日。

帰る前に、世界を飛び回るこの人をつかまえてランチしました。


橋場みき子さん
いつもはみっこちゃんと呼んでます。

みきと行こう

ネイチャーガイドとして世界を旅するみっこちゃんは、我々夫婦の憧れの存在。

2013年末に旅したオーストラリア タスマン海の孤島・ロードハウ島のこともみっこちゃんはご存知でした。

わたしの前職場(某旅行会社)の人でも知ってる人は少なく、当時ネットで検索しても情報がほとんどなかった島なんですけどね。

島全体が世界遺産で、鳥の楽園みたいな島なんです。

みっこちゃんは、そんな島のこともちゃんと知ってました。

なかなかタイミングがあわないんですが、年内最後のツアーも終わって会えそうだというので、ランチにお誘いしました。

今年旅したところの話や家族の話、心の話、あそこ行きたいね とか、あそこはあの季節がいいよね 等々、話だすと共通の話題が多すぎて話が尽きません。

楽しい時間を過ごさせてもらいました。

東京での予定をすべて終えて、帰路はこの日東京出張だったダンナ氏と一緒に。

東京駅で待ち合わせたけど、なんか変な感じでしたね。

年内の泊まりがけの遠出もこれでおしまい。

東京もよく来ましたね。
なんだかんだとほぼ毎月来てましたからね。

来年はおそらくもっと頻度が上がるでしょう。

今読んでいる本

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。